« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月の9件の記事

飛ぶか、回るか?スシ王子

koichi_aka_sushioji
本日付東京新聞より、白衣も眩しい堂本光一氏。初回の髪型が驚きらしいですが、これは普通。…職人にしては長髪か。オールバックとか五分刈りとかボウズとかやろうよ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

涙腺のツボ その2

素敵小道具「ヨン様変身セット」。Anatamoyonsama使用者がご本人に似ていないほどインパクト大。

「ホテリアー」のように本物は出せなくても、 
なんちゃってで充分効果があるヨン様神通力。

「セクシーボイスアンドロボ」6話で泣けたのは、
余りにもマツケン君の扮装が可憐だったから。

  

  

……では決してなく。

仁王のような白石加代子様とスフィンクスのような浅丘ルリ子様(お二方とも、化け物を越して既に神仏の域)がひたすら有り難かったから。

……でもなく。

続きを読む "涙腺のツボ その2"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「宝島」はカルト作品か?

ギャー、いつの間に!……しかも再販って!!

宝島DVD-BOX DVD 宝島DVD-BOX

販売元:ハピネット・ピクチャーズ
発売日:2006/09/29
Amazon.co.jpで詳細を確認する


あの「斬り抜ける」が出てるんだから、そりゃ「宝島」だって出てるでしょうけど。
これもカルト扱いですか。「知る人ぞ知る」とか「一部の熱心なファンに人気」とかってホントにそうなの?騙そうとしてない?
ここは真ん中だと思っていたら、実は端っこにいたわけですか、うーん。

ところでカルト作品って何でしょう?

続きを読む "「宝島」はカルト作品か?"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ゲキレンジャー:小虎仔、好睇呀!

銭湯の回で、手ぬぐいヌンチャクをする親父さんを見たとき、
強烈に中川翔子嬢を連想したのは

・以前「デカレンジャー」で二人が同じ回にゲスト出演していた
・以前「堂本兄弟」でしょこたんがヌンチャク技を披露していた

から。

そのしょこたんが期待しているらしいカンフー映画、
「Kung Fu Panda」なるフルCGアニメが製作中とかなんとか。
(声の出演:ジャック・ブラック、成龍、ダスティン・ホフマン,etc.)
なんかカンフーの波が来ているのだろうか。
公開予定は来年夏、こりゃまたうまくやったぞゲキレンジャー。

さて次なる拳聖は日中使い物にならなそうなお方で。

続きを読む "ゲキレンジャー:小虎仔、好睇呀!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

涙腺のツボ その1

今週の「プロポーズ大作戦」

基本、「バック・トゥ・ザ・フューチャー」を安っぽく焼き直したものと見ていますが。
たかだか6年のタイムスリップ、周囲3メートル程度の世間、延々続く披露宴、
しつこいハレルヤコーラス、謎の決め台詞「ハレルヤ・チャンス!」(横取りする
からですか柳生さん)、すべてが薄焼煎餅。

自称妖精の三上博史(東貴博に似……)が与えてくれる「やり直し」の機会も
依然として奏功せず。
そもそも「幼なじみとやり直したい」がタイムスリップするほどの重要案件かと。
君が手をこまぬいてきた6年で、新郎新婦は愛を育んだのだから、潔く諦めろ山P。
(もし新婦ができちゃってたら、その子の存在を消してしまうことになるよ!)
それになんたって「実らなかった初恋」の方が萌えだ。

と、申し訳ないが全く山Pを応援する気が起こりません。
ラストを想像するに、グッドエンドならケンゾーと多田先生がせいぜい対等で
同じスタートラインに立つ、みたいな感じでしょうか。
バッドエンドなら「タイムスリップは全て、死の床に就くケンゾーの夢だった」。
(この場合三上博史は死神)
ま、どっちでも構わないですけど。

――が、今週は爺ちゃんにやられました。

続きを読む "涙腺のツボ その1"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

菌愛づる姫君 ~「もやしもん」考

漫画に関しては年々保守化しており、主に過去のビッグネームばかりを追っていましたが(買ってハズレるのは悔しい)。

軽妙にして辛辣、つれづれ漫画日記様のレビューで好奇心をくすぐられ読んでみたところ、ハマりましたよ「もやしもん」。Oryzea 今更ながら菌ブームです(嘘)。

常々擬人化萌えは邪道と考えておりますが、「もやしもん」の菌キャラクター化は可愛いし、まあいいんじゃないかと。菌類を区別して登場させるに他に手がなく、(キャラなら区別付くかというと否)第一、主人公にそう見えるんだから仕方がない。

 

さて「もやしもん」を語る上で欠かせない漫画が二つ。
一つは「動物のお医者さん」(白泉社・佐々木倫子著)、
もう一つは「風の谷のナウシカ」(徳間書店・宮崎駿著)。

続きを読む "菌愛づる姫君 ~「もやしもん」考"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

By the way, how much is it?

Big_fiat_500_uff_01

5月8日、新型FIAT500オンライン予約開始
特別仕様限定500台だから、まあ瞬殺の予感。

つるりぬるりと何だか小洒落た様子に……。
それなりに面影は残っているけれども。

続きを読む "By the way, how much is it?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

斬り抜ける

――が時代劇専門チャンネルの紹介に!
という人が結構いて笑ってしまった。全く同じだったので。

「近藤正臣がアウトローな主人公を熱演した本作は、ハードなストーリー展開と
リアルな描写でカルト的な人気が高い」(iTSCOMMagazineより)って!
カ、カルト?!単にどマイナーってことじゃなくて?

まあ、身悶えずには見られない、萌えの原点的ドラマなことは確かですが。

それにしても近藤正臣がイケメン(とは言わなかったが)だった時代が、
和泉雅子が可憐だった(この時より前だが)時代があったんだなあ……。

続きを読む "斬り抜ける"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

顔が似ている

前にも書いたけれど「拝啓、父上様」の二宮和也が太田光に似ている、
「芋たこなんきん」の田畑智子が山田花子に似ている、と毎回思っていた。

最近では「セクシーボイスアンドロボ」の片桐はいりが大地真央に
「特急田中3号」の秋山竜次が細川茂樹に見えて仕方がない。

何故そう思うのか、どこかどう似ているのか自分でも良く分からない。

続きを読む "顔が似ている"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »