« ブラック磐音様 | トップページ | 意外に似ていたこの二人 »

ゲキレンジャー:スーパー声優タイム!

ゲキレンジャーに、なんとなんと、広川太一郎氏が出ちゃったりなんかしちゃったりしてー。
まあびっくり、これは予測してなかったなあ。

豚の癖に腸詰を振り回しているとは、アホなようである意味恐ろしい。「朝食時に放屁」という暴挙に及ぶところなど、間違いなく臨獣拳アクガタ。これで強ければ理央様にも愛でられたのでしょうが、あえなく叉焼と相成りめでたしめでたし。
こういうイロモノキャラは広川さんならではですね。

いやあ石丸さん登場以来の盛り上がりだった。

そして第三の拳魔に柴田秀勝氏と、これまた重鎮カムバック。
柴田さんと言えば、私の中ではあしゅら男爵、一文字断鉄、ボス(ドギー・クルーガー)の銀河一刀流の師匠を演じられたお方(偏ってます、はい)。

ヤング(死語)達の発声・滑舌(勿論演技も)がイマイチな部分を、こういう一流のお歴々が底上げして下さるからこそ、作品に厚みが出るというもの。そのあたりなかなか巧いです。
あっと驚く凄い方々の登場がまだまだ控えているかと思うと、楽しみでなりません。
(水木一郎アニキ氏が本人役で登場、24時間耐久アニソンカラオケ修行とか…)

さて次週は伊藤かずえ様が昔取った杵柄、ポニーテールでバンドかなんかやっちゃうんでしょうか。こちらもコワ楽しみ。
学級委員キャラの黄色の彼女が、セーラー服(リボンが黄色で笑った。スカートのあり得ない長さが懐かし過ぎる)を着てスケバン(死語)になるとは。よほど変身ネタが気に入ったと見えます。不良少女と呼ばれてまた新たなゲキワザを見つけるのでしょう。

で、「四人目」の半裸男パート2。満月を背負っていたという事は、当然ウルフガイ?

|

« ブラック磐音様 | トップページ | 意外に似ていたこの二人 »

特撮」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/234622/7313367

この記事へのトラックバック一覧です: ゲキレンジャー:スーパー声優タイム!:

« ブラック磐音様 | トップページ | 意外に似ていたこの二人 »