« Where is action? | トップページ | Record or not? »

リアルタイム・スパヒロタイム

今週のゲキレンジャー:

目が覚めたら巨大戦だったしくしく。
狼兄さんはなし崩しに仲間入りしたらしい。参ったぜ。
レッドブルーの間にいるからバイオレットか、と納得しました。するってえと、次に出るのはレッドイエローの間でオレンジ(ゲキオレンジ……新しいっすね)、ブルーイエローの間でグリーン?(でもグリーンはメレ様とかぶる?)

理央様も度が過ぎると獅子に変身するのかと別の楽しみ。先週の回想シーンのベタなカンフースタイルには笑わせて頂きましたが(あのカンフーシューズ中華街で買ったなあ)。こんな地味な(格好で)修行はイヤだ!もっとスタイリッシュなのがいい!で、臨獣殿ではじけちゃったんだろうか。

まあ理央様の偉いところは香港でもそのスタイルを貫いたこと。真夏に屋外で毛皮を着用できるなんてご立派。でも革のブーツ履きっぱなしじゃあ、間違いなく香港脚になりまっせ。メレ様もロングブーツだから、もう夫唱婦随か。早めの治療が大切です。

今週の電王:

もはや「特撮人情喜劇」という新ジャンルを作り上げた感のある「仮面ライダー電王・男はつらいよ」。

何故町内会主催の肝だめしに賞があって、しかもそれが「愛理さんとお茶する権」なのか。ミルクディッパー(商店会加盟?)の客寄せ看板娘=愛理さんというのが町内会でも周知の事実になっているということでしょうか。なかなか抜け目のない仕掛け人・町内会長。

そして、参加する面々とその参加理由が泣かせます。
良太郎はタロス達を一致団結させたい、ハナは良太郎保護監督の責任感から、デネブはねんね(どんだけ子供扱い!)な侑斗のために愛理さんと話す機会を作ってあげたい、と誰一人自分の欲で動いていません。しかも後の二人は、お化け屋敷が怖いのに無理をして。それぞれの、何といじらしい心でしょう。

折詰弁当を残しメモを添え、こっそり列に並んでいるデネブは、お母さんというよりおばあちゃんに近いものが。目に入れても痛くないほど可愛い孫のために、手に入れにくい玩具を並んで買う、みたいな。
一途に侑斗を思う心がしかしながら裏目に出て、ただのお化け屋敷にかなり強いライダー出動というポカーンな事態に。当然侑斗は怒りますが、彼だってパニクっているデネブのために急行してきた訳で、そこですれ違ってしまう心が何とも切ないです。

一方、バラバラだった4タロスもおかしな所でまとまって、めでたくクライマックスフォーム完成。照れの中に見え隠れする友情。

何と言うかこの感じ、「理想郷的昭和的世界」とでも表現したらいいんでしょうか、そんな香り?なかなかうまいところを突いてくるなあと。
視聴しているドラマの中でストーリーもディテールも一番楽しみなのが「仮面ライダー」って、不思議だが事実。
「パパムス」は終わっちゃったしね。

|

« Where is action? | トップページ | Record or not? »

特撮」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/234622/7591933

この記事へのトラックバック一覧です: リアルタイム・スパヒロタイム:

« Where is action? | トップページ | Record or not? »