« これは貴女のおいなりさんだ | トップページ | 「居眠り磐音」の萌えどころ »

黄先生は大丈夫

「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ」放送記念にサントラで盛り上がり中。

Wangfeihung_cdjacket

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ/黄飛鴻

アーティスト:サントラ
販売元:ロックレコード
発売日:2002/05/15
Amazon.co.jpで詳細を確認する

日本でも出てたんですね。
主題曲はもちろん、名シーンを飾る音楽の数々を収録。

シリーズの音楽担当が黄霑氏。主題曲は伝統音楽のアレンジですが、曲に合わせた勇壮な歌詞は彼の手によるもの。聞けば燃えること間違いなし。
「スターウォーズ・メインタイトル」「インディー・ジョーンズのテーマ」「宝島」「サンバ・デスペラード」(あ、ちょっと偏ってきた?)に並んで、自分的「やる気を上げる効果」の高い曲の一つです。

黄霑氏は香港(及び中華圏)屈指の芸術家と言っても過言ではなく。その手に成る名曲は数知れません。

Jameswangんで、何故かこんなCDが出てきましたよ。
デザインはアレとして、49歳当時のお姿、お若いです。

倩女幽魂、笑倣江湖、大丈夫日記、刀馬旦(邦題めんどいから略)等の大ヒット映画の主題歌、挿入歌を作者ご本人が歌っていらっしゃいます。
笑倣江湖の主題歌なんて、黄霑・徐克・羅大佑のコーラスです。大丈夫日記は周潤發を超えたイキっぷりが素敵です。

倩女幽魂で午馬(でしたっけ?)が「道・道・道…」と歌う、「道」。歌詞カード見たら、

 道可道 非常道
 天道地道 人道剣道
 黒道白道黄道赤道左道右道
 (中略)
 食道尿道 陰道陽道

食道尿道って。それで「我自求我道」って言われても……。
こんな歌詞だとは知りませんでしたが、やたらと激しい黄霑氏の歌唱が魂を揺さぶります。

先日見た「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ外伝 アイアン・モンキー(1993年公開)」では悪徳役人に扮してヌードを披露していらした黄霑氏、2004年に昇天されていたのですね(最近まで知りませんでした)。

合掌しつつ、3日連続黄飛鴻の予定。

|

« これは貴女のおいなりさんだ | トップページ | 「居眠り磐音」の萌えどころ »

香港・中国映画関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/234622/7988508

この記事へのトラックバック一覧です: 黄先生は大丈夫:

« これは貴女のおいなりさんだ | トップページ | 「居眠り磐音」の萌えどころ »