« 挫折しまくり夏ドラマ | トップページ | キス・オブ・ザ・ドラゴン »

磐音、吉原通いをする

(↑※タイトル、「必殺仕事人」風にしてみました)

磐音様、日本列島遊郭の旅~!

身売りした許婚の奈緒様を尋ね、長崎→小倉→京→金沢→江戸の名だたる色里を総ナメです。何か不謹慎な表現になってしまいましたが、もちろん磐音様のこと、不埒な真似などなさるはずもございません。強行軍で再びボサボサ頭となって江戸にお戻り。

転売されるたび値がつり上がってゆく奈緒様さすがながら、品川君のように「さぞかし見目麗しい方なのでしょうなあ」などと口に出してはなりませぬ。
吉原に知り合いはと磐音様に問われた由蔵さんが、「いいえ、私めはそのような艶めいた里とは関わりがございません」(←嘘ばっかり…)と申されたのに「そりゃそうでしょう」とアホな突っ込みを入れる品川君。たとえ昔ブイブイ言わせてて知り合いが多くたって、大店の大番頭がそんなこと言うわけないでしょうが。

君はバカかね。細身の福助みたいな顔して。

一方笹塚様は知り合いが多いご様子。大門の中につてを紹介して、磐音様を押し込み捜査の手駒に使おうという魂胆。

いかつい顔つながりで紹介された四郎兵衛さん、顔に似合わず磐音様に同情的。奈緒様の消息を探ってくれますが……如何せん、千二百両という途方もない金額のついた奈緒様を、しがない浪人さんの磐音様がどうにかできる訳もなく。
押し込みの下手人が廓通いのため数百両を強奪したと知るだけに、ご心中は複雑でしょう。磐音様の腕ならば押し込みなどチョロイものでしょうが、いくら大切な許婚のためとは言え、清廉な彼には成し得ない事です。
同じ廓の中にいながら会えない、近くにいても救い出せない、苦悩する磐音様が萌えですね。

品川君に習って野暮なツッコミ:

 「血の匂いを消すために香油を塗ってくる」←風呂くらいへえって来いバーロー!
 「田野倉源八様と……」←吉原で本名名乗るかっての!
 「おとなしくお縄を頂戴しろ!」ずんばらり。←こうなるとヤバいから、光り物は大門入るときに預けてるはずでしょーが!

磐音様の心の叫び:

 「拙者だって耐えているのに貴様、好き勝手な!

そんな磐音様に今津屋の旦那様、「千二百両用立てましょうか」と。親切なようでいて、磐音様には悩ましい、酷なお申し出。……あ、ご家老の不正な借財につけちゃえばいいんじゃん?証文は適当にでっち上げて。死人に口なしでございますようへへへ、なんて由蔵さんが入れ知恵しないかしら。

|

« 挫折しまくり夏ドラマ | トップページ | キス・オブ・ザ・ドラゴン »

時代劇 居眠り磐音」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/234622/8144554

この記事へのトラックバック一覧です: 磐音、吉原通いをする:

« 挫折しまくり夏ドラマ | トップページ | キス・オブ・ザ・ドラゴン »