« 磐音、歩き続ける | トップページ | 帝国は何でも知っている »

そうだ、京都行こう

「時代劇拝見日記」10/14に、ゲキレンジャー登場。

時代劇生き字引的管理人さんが毎日更新されている、驚異の時代劇データベースサイト。斬られ役の至宝、福本清三さんがご出演だったのでもしやと思ったのですが、やはり。特撮までチェックされていることに驚きです。
「拝見日記」のみならず「ロケ地探訪」も、読みごたえ充分。例えば今回タイムスリップしてからのファーストシーンである「流れ橋」の項一つとっても、 古今多数の時代劇の名場面が例示されています。時代劇を見ていると「流れ橋が映る予感」があるとの文章には唸るしかありません。

で、ゲキレンジャーではどうやらメレ様がいたくお気に召されたご様子、さもありなん。DV夫に尽くす妻がやたら板についていていじらしい……。っていうか、理央様は環境に馴染みすぎなんだよ。

ランは秘かに忠臣蔵マニアなのか(爺ちゃんと時代劇でも見ていたか)、それともただ単に一般教養が豊富なのか。自分が大石内蔵助役だとあれほどまでに喜ぶ女子も珍しいです。ま、他のメンバーでは仕切り悪そうだし、リーダーとしての面目躍如ってことで。

電影版で好評の呉越同舟以下略、もしかしたら定番化でしょうか?何だかんだ言いながら理央様も群れるのが好きっぽい。

次週の団子が怖いよう。

|

« 磐音、歩き続ける | トップページ | 帝国は何でも知っている »

特撮」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/234622/8414340

この記事へのトラックバック一覧です: そうだ、京都行こう:

« 磐音、歩き続ける | トップページ | 帝国は何でも知っている »