« 半吉 | トップページ | 時代劇、千歳萬斎 »

無用の用

正月からこっちずっとMacにかまけていたものの、にっちもさっちも行かなくなったのと憑物が落ちてしまったのとで中断。ブログ更新を我慢してたのですが復活致しました。
一月も半分が過ぎてます。早い、早過ぎる。

さて先日、久々に所ジョージを見た。

ますます植木等に似てきたなあ。
植木さん程の品の良さはないけど、それは所さんが特別に下品だということではなく(下品じゃないとは言いません)、時代全体が違うからなんだと思う。……もしかしていつか所さんが「品のいいおじいちゃま」とか呼ばれる日が来るのだろうか。

まさかね。

かつてサードアルバムまで(LPレコード。多分まだどっかにあるはず)買った程度のファンでしたが、彼の真価はやはり歌にあると言えましょう。
脱力しながら全力で下らない。真剣にふざけまくりおちゃらけまくり。たまに結構なことを言っているのに全く心に残らない。この無駄さ加減がいいです。
世間的に楽曲がバカ売れしているとは言えませんが、その音楽性を高く評価しているマニアックなファンは多いようで。技術的なことはともかく、無駄に小器用だということは私でも分かります。

三線も弾ける所さん
(↑歌詞がちょっと……。馬の傍にいる時は「伸びてきたら逃げる」が鉄則だったな)

「寿司屋」とか「南京豆」とか好きでしたよ。時に深くおおむね下らない歌詞は、好きなタイプの言語感覚。歌唱も曲想に合わせて、矢沢永吉だったり舘ひろしだったり70年代フォークだったりクレイジーだったり。面白いと思えば面白いのだが、まあ売れないかもね。

いいじゃん、他ですごく稼いでるんだから。

 

参考にさせて頂いた素敵サイト。ディスコグラフィー&レビューが秀逸です。
もひとつ、歌手生活20周年記念アルバム「20th カニバーサミー」のレビュー

  

おまけ
初主演映画「下落合焼とりムービー」予告
(うわあ、タモリさんが…素敵……)

|

« 半吉 | トップページ | 時代劇、千歳萬斎 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/234622/9923017

この記事へのトラックバック一覧です: 無用の用:

« 半吉 | トップページ | 時代劇、千歳萬斎 »