« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月の8件の記事

肝心要

例によって(?)要潤氏がトバしている

キミ犯人じゃないよね?」(第2回。初回見逃したweep)をようやく見た。

貫地谷しほり嬢のコメディエンヌ&コスプレイヤーっぷりは「ちりとてちん」ですっかり定着した感がありますが、要潤氏もまた色男な割には(いや、色男だから尚更か)相変わらず異常なほどのコメディアンっぷり。

いやあ、いいです、要。

続きを読む "肝心要"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

週刊真木よう子

公式サイト

ちょっと気になっていたのを遅ればせながら録画。既に第3回、タイトルは

「女任侠 筋子肌」

……バカっちくっていいなあ。
っていうか、タイトル及びクレジットが全部赤い文字。字体もそれらしく狙ってます。

女任侠よう子の、帽子にロングコートのスタイルがそもそも
Hotwax 日本の映画とロックと歌謡曲 vol.2
これもんで。

続きを読む "週刊真木よう子"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キャスティング待ち

TOKIO山口『カンフー・パンダ』で声優初挑戦

あっそ、そうきたか、という感じの配役。
体型から単純に、石ちゃんこと石塚英彦氏ではないかとベタに予想していましたが、ジャニーズ声優初挑戦という話題を作ってみたらしい。
まあでも、山口君も体型が十分に太目なので「ポーと共通点があるから」と言い張れますね。

それにしても日本版公式サイトはえらくやる気が低く、全く情報なし。
上記リンクによるそのほかのキャストですが、

続きを読む "キャスティング待ち"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

生きにくい日々

TVをつけっ放していたら、「バッテリー」が始まった。かつての木曜時代劇の時間帯が、鳴り物入りでドラマ枠に変身して最初の作品。

話題の小説が映画化に続きついにドラマ化!ってことで結構なCM攻勢をかけていたから知らなくはなかったけれど、主役の子が関西ジャニーズJr.とかで何だかセリフも棒読みだったので、別に見なくてもいいやと思って初回はパスした。

で、見るともなく。

超天才ピッチャーだがコナマイキな主人公。天才にありがちな、協調性なく人を見下したような言動が、チームワークスポーツで矯正されていくのだろうか……(すみません、原作読んでいないので本当はどうなんだか知りません)、などと無責任に考えていたところ。

続きを読む "生きにくい日々"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

RRWP Feb.-Mar.

検索語特集。

2月

1 ラスト、コーション
2 体位
3 斬り抜ける
4 ラストコーション
4 メレ
4 メレ様

3月

1 斬り抜ける
2 少女マンガパワー
3 メレ
4 近藤正臣 
5 衣装

「ラスト、コーション」はもう仕方がない(←すまぬトニー)として、

何なんでしょうか、この「斬り抜ける」の人気沸騰ぶりは!!

続きを読む "RRWP Feb.-Mar."

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ほんと

旅に出たのは本当。しかしあてのない長期旅行など夢のまた夢、慌ただしく数日で帰ってきたのでした。しくしく。

ともあれ、憧れのブルートレインnight寝台特急「はやぶさ」は良かったです。
一晩かけて九州へ行く、その時間の使い方が贅沢なのであります。

Burutore_yukata以下、証拠写真。

←浴衣。「九鉄リネン」が渋いです。
柄はレールをデザインしたものなのでしょうが、工工エエエエ(´Д`)エエエエ工工と言われているようで落ちつかなかった。ううむ、精神的に何かあるのか。

ちなみにシーツと毛布や枕のカバーはただの白でした。こっちまでエエエエだったらどうしようかと思った(んなわけない)。
しかしシーツも毛布も細い。と言うか、そもそも座席がベッドとしては細くて短いので、体積の大きい方(巨漢と言うべきか)はきついでしょうね。毛布が体に回りきらなかったり、脚か頭がつっかえたりで……。
まあ、ベッドと考えずにベンチでごろ寝と考えれば俄然快適に思えるのではないでしょうか。

続きを読む "ほんと"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

うそ

折れた煙草の吸い殻で……(古すぎるので却下)

うーん、エイプリルフールネタにしてはピントがずれていたか。それによく考えれば単なる自分の願望でありました。
全然思いつかなかったけど、それでも何か嘘はつきたかったんですう(←木曽山君か)。

さて毎年のお楽しみ東京新聞の記事はというと、何だかこちらもイマイチだった。
「バラク・オバマ氏の異母弟は日本在住」(小浜市にすれば良かったのだ)はシャネルズ(古っ!)風写真がどう見ても無理でモロバレ。「特定外来生物駆除の独立行政法人がアライグマを放してマッチポンプ」というのも、役所をからかいたかったのかもしれないが内容があまりに地味すぎ。

記憶している中での最大のヒットはやはり「きんさんぎんさんの下に、どうさんという妹がいた」。

続きを読む "うそ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

どんどんお家が遠くなる

どんどんお家が遠くなる
気分は「逃亡者 木島丈一郎」だが、ヘタレなので北国は避けてみた。なのに寒かった(泣)。

渋い駅舎、さらに昭和テイスト全開の駅食堂でふく定食を頂く。

このまま花粉のない街に逃げるってのもいいかも〜(←そういう意味では「逃亡者」……)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »