« 見たい映画リスト | トップページ | 鶴見川(BlogPet) »

Big Brother Presents

Googleが収集している検索データでトレンドが分かるんだってー、という記事を昨年書いてました。

日々行っている自分の検索なんかも、当然そういう分析に使われているのだと思うと余りいい気はせず、また特に振り返りたくもないので、自分のアカウント上、あるいはツールバー上で検索履歴を残さないようにしているのですが、それはただ単に自分の目を覆っただけに過ぎないようです。

きっと色々な情報が握られてるんだぜーと思っていたら、まさにその通りだという、怖ーい記事を見つけてしまった。

「グーグルが収集しているユーザーデータの秘密/グーグルのダークサイド?(前編)」
「グーグルが収集している280項目以上のユーザーデータ一覧/グーグルのダークサイド?(後編)」

ぎゃー、やっぱり。なんてオソロシイshockshockshock

ってことは、いわゆる「使いこなしている進んだ人」ほど、首根っこ押さえられ度が高いということですね。特に先端サービスを享受している米国人など、金銭出納から財産目録から既往歴から交友関係から、丸裸にされているのでは……coldsweats02

「誰がいつどこで何をどうする(どうした、どうする予定)」がほとんど把握されているってことですよね。何億とある個人データの中に、間違いなく自分も入っているのでしょう。もちろんそれはよりよいサービスのために使われるんですよ~shine、というのがあちらの建前でしょうけれど、いやいや、便利の代償は意外と高くついたりするんじゃないの

まあ自分なんかアカウントを持っていても、Hotmail代わりの受信専用Gmailくらいしか使っていないのですけども、でもPCがクラッシュした時のバックアップ代わりに大事なメールとか転送しちゃってるし。
ブラウザに仕込んだGoogleツールバーなんかも、随時勝手に(断りもなく)更新して結構ヤバそうですね。Googleデスクトップはやたら重くなるので入れるのをやめたのですが、パソコンの中身を覗き見されるんであれば入れなくて正解だった。
香港映画ばかりがお気に入り登録されているYouTube、ある時から変にお節介なメニューが増えたような。
はっ、Picasaのアルバム……

わあ~、見るな、見るんじゃない!

しかしたとえ上のすべてを使用停止にしたとしても、おおもとの検索そのものを利用しない日はなく、帝国と縁を切るのは電気を使わないで暮らすのと同じくらい難しそうです。ちょっと試しに「グーグル断ち」してみると分かる。

もう既に、私たちの世界には帝国の支配が及んでいるように思えて暗澹たる気持ちになりますが、でももしかしたら地球のあちこちで反乱軍が結成されて、抵抗ののろしを上げたりするかも知れない。
そんで追い詰められたお姫様が、「助けて、オビ=ワン・ケノービ。あなたがただ一つの希望です」って言うんだ。

 

えー、記事のタイトルと作品が変わってしまいましたが、心情的には「スター・ウォーズ」でいってみる(アクション重視の場合「リベリオン」で代替)。

|

« 見たい映画リスト | トップページ | 鶴見川(BlogPet) »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/234622/23061733

この記事へのトラックバック一覧です: Big Brother Presents:

« 見たい映画リスト | トップページ | 鶴見川(BlogPet) »