« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月の11件の記事

ミニスナックゴールド

ミニスナックゴールド
中高生時分によく食べていた菓子パンを偶然見つけたので、懐しさもあって買ってみました。
購買のパン類の中では贅沢品だった(はず)。

早速食べる。
まあこんなもんだったかな、という味。取り立てておいしいもんではないけれども、アイシング(白い部分)が濃厚に甘く、若い頃はこれが良かったのかも知れません。

しかし、この大きさ(直径約25センチ)のどこが「ミニ」なのだろうか…?今思えばネーミングが謎でした。

して、カロリーは。

栄養成分表示(1個当り)
 熱量 542kcal
 たんぱく質 9.1g
 脂質 27.3g
 炭水化物 24.9g
 ナトリウム 510mg

……ぎゃー!夕飯分食べてしまったじゃないか。
10代の代謝スピードではないことをすっかり忘れていました。見るだけにしておけば良かった(ToT)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

磐音、揺れ動く

「陽炎の辻2 ~居眠り磐音 江戸双紙~ 最終回」

賑わう遊郭の片隅で、障子を隔てて言葉を交わす、磐音様と奈緒様が初っ端から萌えheart01でございました。

さらに、端座して苦しげに過去を悔いる磐音様が萌えheart02でございました。

声を震わせて扇の話をし、ぽろぽろと涙を流しながら奈緒様を制する磐音様が最高に萌えheart04でございました。

お互い手の届く処にいながら、顔を見ることも触れ合うこともせぬお二人……。うーん、悲恋サイコー!heart04heart04heart04good

続きを読む "磐音、揺れ動く"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年1月からの土曜時代劇は

「浪花の華」~緒形洪庵事件帳~

なんだそうです。

「舞台は文政年間の大阪。ヘタレな蘭学生……」という部分まで読んで、ひかる一平が思い浮かんでしまったのは、必殺仕事人世代だから仕方がありません。で続きが、

「緒形章(後の幕末の名医・緒形洪庵)が、謎の男装の麗人・左近と共に、浪花の町に渦巻く陰謀を解決する青春痛快ミステリーシリーズです。」と。

おいおい、盛り込みすぎだっつのgawk。テレビ東京の「女と愛とミステリー」みたいじゃん(←いや、実は好きなシリーズ結構あるんです)。
大体、青春を木曜ドラマでやるっつーんで、時代劇が15分減って土曜にすっ飛ばされたんでしょうが。なけなしの枠くらい、渋い爺さんを主人公にしてよ

とか思いながら続きを読んだらば。

続きを読む "2009年1月からの土曜時代劇は"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

磐音、予知夢を見る

「陽炎の辻2 ~居眠り磐音 江戸双紙~ 第11回」

ゆらゆらと陽炎の立つ路を歩く磐音様。

日差しといいやかましい蝉の声といい、毎回夏sunのようなイメージがあるのはタイトルの「陽炎の辻」故か(でも別にひと夏の話ではないんですよね)?
笹塚様オンステージの回も(雪snowが降っていたと見えたのは気の迷いで)、もしかして夏sunだった?
なにしろ磐音様が着たきり雀なので季節感がありません。

で、前述陽炎の立つ辻には奈緒様が佇んでおられます。丸髷に黒繻子の掛け衿という奇妙な(=堅気の)いでたち、手には紅花をお持ちになり、微笑んで頭を下げるとふつりと姿を消し。

続きを読む "磐音、予知夢を見る"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ふりふりわんこの鼻に

カーソルを合わせると目が寄るのは知っていましたが、

指先をくんくんされていることにさっき気づきました。

むきゅー、可愛いheartheartheart

  

  

  

……そんだけなんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

趣味悠々・ウクレレ

というのは番組表で知っていたので、録画だけはしておいたのです。
で、先日やっと見たわけでございます。
が。

生徒役(=ウクレレが初めての芸能人)に、なぜ石原良純……_| ̄|○

見た瞬間、著しくやる気がdowndowndowncrying

もう一人の生徒が遠藤久美子なのはまだしも、なぜ良純?
ギャラがそんなに高くなくて、スケジュールが割と空いている方、という人選でしょうか。

書店でテキストを立ち読みした時(良純には気づかなかったsweat02)、不必要に字が大きいので、「ああ、対象年齢層が高めなのねcoldsweats01」とは思いました。しかし、その想定視聴者にとって石原良純はアリなのか?と声を大にして世に問いたい気持ちです。

どうせなら渡さんや舘さんheart04にしてくれれば(←別に石原軍団にこだわる必要も)。

「鉄道模型」の時の三波豊和にはそこまで思わなかったのになあ。なんだこの差は。

まあ、録画を編集して不要部分を削除してしまえばいい話なんですけどねgawk

趣味悠々 すぐに弾ける!たのしいウクレレ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

磐音、助太刀する

「陽炎の辻2 ~居眠り磐音 江戸双紙~ 第10回」

今津屋主人の後添いお佐紀様、再び江戸へお越し。

「お艶と話があるとかでまだ仏間に……」なーんて思っているのは旦那様だけ、何と磐音様と二人きりで密談でございます。剣呑剣呑。

「姉が金子を無心してきたのです。いつかはそんなこともあろうかと思っていましたが」

と、祝言の障壁になりかねない厄介事をご相談。
まあねえ、あの駆け落ち姉カップル(第2回参照)が前途多難なのは誰の目にも明らかでしたけれども、この高いところから見下ろした物言いがお佐紀様だなあcoldsweats01

続きを読む "磐音、助太刀する"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鶴見川(BlogPet)

鶴見川萬寿之助は省略しなかったー。

*このエントリは、ブログペットの「鶴見川萬寿之助」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

磐音、目が泳ぐ

「陽炎の辻2 ~居眠り磐音 江戸双紙~ 第9回」

殿が主催なされる祝い&慰労の宴beerrestaurantに出るのに、何故か今津屋でお着替えなさる磐音様。まるで今津屋が別宅であるかのようにお振舞いです。言葉を交わしながら羽織を着せ掛けるおこんさんとは、若夫婦にしか見えません。

もういいじゃん若夫婦で、と見ている方は誰しもそう思うのですが、ご両人だけはきっかけがないためかもたもたしており。

そして、金兵衛さんが見合いを予定しているとバレたときの、わざとらしい首の傾げ方は何。誤魔化す気があるのかないのか。

結局おこんさんが怖くて洗いざらい喋ってしまう磐音様、「大家といえば親も同然」と申しますのにあっさり売ったーcoldsweats01

続きを読む "磐音、目が泳ぐ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

磐音、呼び捨てられる

「陽炎の辻2 ~居眠り磐音 江戸双紙~ 第8回」

とうとう周回遅れcrying
だって磐音様だらしないんだもん……。

好々爺の顔で笑う一方、経済のシビアな裏事情を知り尽くし、武家の動向までも情報を押さえて抜かりのないプロフェッショナル由蔵さんとか、長い船旅をものともせず、北方謙三ばりのイカした無精髭面で、大らかにおこんさんに声をかけるエグゼクティブ正睦さまとか、爺様達がカッコよすぎて磐音様がかすんでしまうのですよ。
(爺様じゃないけど、磐音様と正睦さまを再会さすべく「これは主命である」と仰る殿も、心延え美しくほっぺがラブリーで心奪われますheart01

続きを読む "磐音、呼び捨てられる"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヨドバシに長谷川さんがいた

Harukawithromaneecontiふと通りかかったヨドバシカメラにて長谷川さんに遭遇。

海洋堂 フロイラインリボルテック

模型オンラインショップの紹介ページ

DSiよりついこっちに喰い付いてしまった……。

さすが天下の海洋堂製品、顔はマニアックな原作の絵をうまいことポピュラーな感じにアレンジ、アニメの作画よりずっとセンスがいいように思います。体もきれいな8頭身になっていて、「石川絵を垢抜けさせて立体化した長谷川遥」と言うべき可愛らしさです。
付属の小道具も、長谷川さんの変身アイテムロマネ・コンティや、腐れ縁の白癬菌など、ツボは外しておりません。いいね。

このクオリティでアニメが良かったなあ。
関節が可動なので人形アニメとか作れそうですけどね。

ところでフィギュアってリカちゃんみたいにお着替えできるのだろうか。ベアバックドレスバージョンとか、ガーターベルトバージョンとか、ボンデージお着替えセット(ムチ付属)とか、楽しいかも~happy02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »