« ツイ・ハークの世界 | トップページ | 大晦日の風景 »

カラオケにおける選曲の傾向と対策

たまたまお誘いがあり都合もついたので、数年ぶりのkaraokeカラオケnotesに参加。

……何か数年前と機械がすっかり様変わりしている!coldsweats02
入力はいたって簡単になってましたけど。

気のおけないメンバーということもあり、特に場を盛り上げようとか考えず(考えなくて良かったんだろうか)好きなように選曲、気分良く歌ってまいりました。

んで、歌った曲を備忘的にメモ(50音順)。

青い山脈
赤いスイートピー
ORION
自動車ショー歌
千の風になって
宙船
津軽海峡冬景色
HANABI
ふるさと
マツケンサンバⅡ
ヤッターマンの歌

古い歌は映像も古くて楽しいです。青森駅の夜行列車とか連絡船とか。「ヤッターマン」の映像は旧版アニメでしたが、アイちゃんの変身シーンを繰り返されてもどうなんだろうかと。「ふるさと」は五木ひろし本人によるイメージ映像で面白かった。

逆に最近の曲の映像の方に、集中力をそがれるようなアヤシイ感じのものが多いですね。これって普通にPVじゃダメなんだろうか。慣れてないから思わず「こ、これはどうなるんだ?」と見入っちゃったりして。

新旧取り混ぜた曲の中で、歌っていて一番気持ちよかったのは何故か「ヤッターマンの歌coldsweats01、その次が「自動車ショー歌」、「HANABI」かなあ。たぶんその時の気分とか体調に左右されるのでしょう。今回は何となく昭和寄りな気分だったのかも。
もちろん昭和歌謡はリアルタイムで聞いていたのではなく、ドラマの劇中歌とかで最近覚えたのが多いんですけど~happy02エヘエヘ。

うーん、次回はもう少し最近の曲を入れてみよう。

|

« ツイ・ハークの世界 | トップページ | 大晦日の風景 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

カラオケと聞いては素通りも出来ますまい(木亥火暴!!)。全般に「楽に気持ち好く声を張れる曲」が多いとお見受けしましたが、そのような選局傾向の中で異彩を放つのが「HANABI」でございますね。

これは実はオレもこの冬の課題曲と目しておりますが、ミスチルの楽曲は全般に音域が広くて身体能力としての発声力に依存すると謂うだけでも可成り難しうございまして、これを見事にクリアすると女子視点ではかなりポイントが高いと謂うことなのでございますが、オレとしては、コンディションによらず何とか最後まで歌える見当が附いているのは「ユースフルデイズ」だけで、「イノセントワールド」辺りになると、喉の調子が悪いと甚だ恰好悪いことになると謂うリスクを抱えております(笑)。

他に目を惹く選曲としては、中島美嘉の「ORION」ですが、残念なことにオレは「流星の絆」は一回も見たことがないので、全然楽曲を覚えておりませんで、今年の課題曲には入っておりません。少し古いですが、中島美嘉では台湾の某歌手にカヴァーされた「雪の華」が歌いたいのですが、ちょっと音域的に無理があるのではないかと謂う気がするので、まず「LIFE」を課題曲として練習しております。

あと、今年のドラマ主題歌と謂うことで謂えば、いきものがかりの「気まぐれロマンティック」が可愛くて好いですね。いきものがかりのタイアップ曲と謂うと、「妖奇士」とか「BLEACH」とか「NARUTO」とか、「るろうに剣心」における「そばかす」的なジュディマリポジションをひた走っている印象がありましたが、「セレブと貧乏太郎」の主題歌なら納得出来ます。更めて断るまでもないことですが、現在鋭意練習中です(木亥火暴!!)。

あ、もしかして「HANABI」と謂うのはミスチルではなくいきものがかりのほうでしたか?

投稿: 黒猫亭 | 2008年12月24日 (水) 21時37分

コメントありがとうございます。お待ち申しておりましたhappy01

黒猫亭様のところでカラオケの記事を拝見するにつけ楽しそうだなあと思っておりましたところ、時期的に機会に恵まれ。
ただ急だったので選曲を計画する間もなく、ちょっと反省してみたのです。

「HANABI」はもちろん「コード・ブルー」で。ミスチルで初めてちゃんと覚えた曲なので(今までは全部「ミスチル節」というか「桜井節」という認識)、難度については判断しかねます。
音出しは苦になりませんが、詞が曲に乗っていないのが非常に歌いにくく、「七五調で書けよ七五調で!angry」と何度も毒づいたり。
まあ歌詞と曲調が好みだったのでレパートリーに。

「ORION」は単に「流星の絆」を見ていて覚えただけなので、劇中で流れている部分以外はボロボロでしたねcoldsweats01

良い機会なので調子に乗ってお尋ねしてしまいますが、「インフォーマルな場における選曲」と申しますか、「趣味全開が憚られる場でのそれなりに無難な選曲の方法」と、現時点でのおすすめ曲(難度低目で……)がありますれば、是非是非ご指南賜りたく。

投稿: 604 | 2008年12月25日 (木) 15時12分

間違えました。
「インフォーマルな場」ではなく(もちろん「インモラルな場」でもなく)、「フォーマルな場」でした。失礼しました。

投稿: 604 | 2008年12月25日 (木) 15時24分

>604さん

どうもです。地獄のMac救出作戦で週末を潰しておりまして、お返事が遅れてしまいました。

>>趣味全開が憚られる場でのそれなりに無難な選曲の方法

内輪の集まりではなく、勤め先などの忘・新年会の二次会みたいなイメージで好いのでしょうか。そうすると、これは、一概に「こうだ」と謂う正解がない、と謂うことになりますでしょうかね。

その場の雰囲気や面子、604さん個人のパーソナルイメージ、日頃の人間関係なんかにかなり影響されますので、「こうしたら好い」と謂う言い方は出来ないですね。逆に、「これだけはやらないほうが好い」と謂う注意点なら、経験上幾つかポイントを語れると思います(笑)。

まず、その場の面子の持ち歌がわからない場合は、ド定番の名曲は外して選ぶのが基本でございますね。ドリカムとかプリプリ、今井美樹、ミーシャ辺りはまず誰かがオハコにしているでしょうから、間違っても「決戦は金曜日」とか「未来予想図II」とか「何度でも」とかを図々しく入れてはいけません。まして「M」とか「プライド」なんて以ての外です(木亥火暴!!)。

歌唱力に自信のあるヒトなら「天城越え」とか「越冬つばめ」とか中島みゆきみたいな渋い曲を得意にしている場合もありますから、そういうのをウケ狙いで入れてボロボロになると白い目で視られます(笑)。

要するに、「ものまね紅白」とか「歌がうまい王座」とかで、実力派と目されているヒトが準決勝とか決勝とかで歌うような歌は、義理の宴席では外して考えたほうが無難ではないかと。

また、自分より若い子がたくさん参加している場合は、ド真ん中の流行歌は避けたほうが好うございます。若い子が歌っている歌は、基本的に若い子に任せましょう。下手にテルマとかミリヤを入れてしまうと、後で何を言われるかわかりません(笑)。

ではどんな方向性がよろしいかと申しますと、ご自分が十〜二十代くらいの頃の歌で、「平成の名曲」的な大ヒットソング以外の比較的忘れられがちな中ヒットソングを歌うのが無難だと思います。その場合でも、痛くもない腹を探られそうな妙にシリアスな悲恋の曲を入れると、あれこれ想像された揚げ句に引かれてしまうので、あんまりドロドロした歌詞の楽曲は避けましょう(笑)。ましてや、入り込んで歌い上げた揚げ句盛り上がって泣いちゃうような真似だけは厳に謹んでください(木亥火暴!!)。

604さんがおいくつくらいかわからないのでテキトーな例ですが、辛島美登里とか西脇唯とか井上昌己とか谷村有美とか、この辺の「ああ、そう謂えばあの頃ヒットしたね」的なポジションの楽曲が無難と謂えば無難なのではないかと。

荻野目洋子とか原田知世辺りも、今では誰も歌手だった頃があったなんて覚えていませんから、「北風のキャロル」とか「雨のプラネタリウム」なんかも好いですね。

男性でよければ、classとか小野正利とか稲垣潤一、織田哲郎なんかも九十年代臭爆発で好いですね(笑)。この辺をオハコにしているヒトはまずいないので、ねらい目です。

男性歌手と謂うことで言えば、若い女の子多めの感じの面子で、どうしても流行り歌が歌いたい場合は、男性歌手の曲にすると好うございます。ジャニ系とかコブクロやオレンジレンジ、グリーンとかファンモン辺りなら、それほど顰蹙を買わないのではないかと思います。

また、松田聖子とか中森明菜のような一時代を築いたような大歌手は無闇にたくさんヒット曲がありますから、大ヒット曲を外せば比較的無難ではないかと謂う気もします。

たとえば、中森明菜なんかだと、「難破船」とか「LIAR」とか「赤い鳥逃げた」辺りなら、歌っても誰も文句を言わないでしょう(笑)。復帰後の声が出なくなってからの楽曲だと割合簡単なので、「二人静」なんかは意外と歌いやすくてお奨めです。

ただ、いろいろ言ってはみましたが、そんなに頻繁にカラオケで歌うほうではないヒトが、義理の宴席で何かを歌うと、後々まで「ああ、604さんってこういう曲が好きなんだ」と視られますから、基本的に自分が本当に好きな歌を歌うほうが好いと思います。

>>現時点でのおすすめ曲(難度低目で……)

これは、プライベートな集まりで人目を気にせずに歌う場合、と謂うことでしょうか。

投稿: 黒猫亭 | 2008年12月28日 (日) 05時54分

ご多忙のところ懇切丁寧なご指導痛み入ります。
MacMiniは無事復活しましたでしょうか。

「これだけはやらないほうが良い」注意点、大変参考になりました。いかにも素人が陥りやすい落とし穴で、危ない危ないcoldsweats01
みんなが聞いたことのある、ほどほどのヒット曲が無難だというのは全く仰せの通りだと思います。悪目立ちせずさらっと流せるのが一番ですね。

しかしながら、その中ヒット曲があまり記憶にないのが困りもので。例によって忘れてしまったのか、あるいは歌そのものがキライだったのか、それともどこか別の星にでも行っていたのか……。

そういった事情もあって選曲に不自由を感じていたため、イッキに最新の曲に飛びついたのかもしれません。
が、「HANABI」は練習しているうち「滞らないように~」の部分でドツボにはまってしまい、玉砕しましたcrying。「ORION」はドラマが終わっちゃったので……。

それでおすすめ曲をお尋ねしたというわけなのです。
プライベートな集まりで人目を気にせず歌う場合、多分「クレイジーキャッツ」や「山本リンダ」なんかをやっちゃうと思います(←本当に気にしてない)。
できましたら多少は人目を気にして歌う状況下で、なおかつそこそこ最近の曲の中から、比較的簡単なもの、という条件でご推薦頂ければ。

こうなったら「崖の上のポニョ」fishかなとも考えますが、「やめとけ」と言われそうな予感も……catface

投稿: 604 | 2008年12月29日 (月) 00時16分

>604さん

>>が、「HANABI」は練習しているうち「滞らないように〜」の部分でドツボにはまってしまい、玉砕しました

オレも今練習しているところなんですが、あそこは覚えていないと無理ですよ(笑)。と謂うか、桜井の歌詞は仰る通り全然メロディに乗っていないので、まずリズムを覚えないことには歌えないですよ。

ドリカムの吉田美和辺りからの流れだと思うんですが、歌唱力に自信のある人が作詞も手懸けると、物凄く無理矢理なリズムでキレの悪い歌詞を乗せてくるので、これはもう何度も聞いて覚えるしかありません。ミスチルの桜井もかなり無茶なリズムで歌詞を乗せるのと、変なところで休符を入れたり裏ノリで歌い出したりするので、ミスチルの楽曲も覚えないと歌えない部類だと思います。

オレはカラオケで歌う分には愛内里菜が好きなんですが、この人も無理矢理なリズムで歌詞を乗せてくるので、この人の拍の取り方に慣れないと歌いづらい歌詞の附け方をしていますね。三枝夕夏なんかもそういうところがあって、ギザストゥデュオ系の人は全般にそうなんですが。

>>できましたら多少は人目を気にして歌う状況下で、なおかつそこそこ最近の曲の中から、比較的簡単なもの、という条件でご推薦頂ければ。

なるほど、そう謂うことでしたか。好うござんす、さういふことであれば、このあたしが一肌も二肌も脱ぎましょうではありませんか(木亥火暴!!)。

>>プライベートな集まりで人目を気にせず歌う場合、多分「クレイジーキャッツ」や「山本リンダ」なんかをやっちゃうと思います(←本当に気にしてない)。

つまり、普通の女の人にアリガチな「想い出の一曲」がなくて、何故か思い切りレトロな方向に暴走する、と。てっちり人目を気にせぬ場面ではアニソンやらトクサツ方面に流れるのかと思っていましたから、「イマドキのアニソンなら、アニソンだって断らなけりゃ普通に歌えるのになぁ」とか思っていましたが、たしかに「五万節」とか「ホンダラ行進曲」では、かなり打ち解けた間柄でもない限り、ドン引きされることは必定ですね。

そうすると、あんまり「この曲が好きなんです」と思われない範囲で、しかも若い子が好んで歌いそうな曲や他人のオハコに抵触しない選曲と謂うと、ドラマ主題歌やCM曲などのタイアップ曲が好いんではないでしょうか。「なんか最近よく耳にするので自然に覚えてしまいました」的な距離感が当たり障りがないかもしれません。

そうなると、オレ的に今季のドラマ主題歌の中では「セレブと貧乏太郎」の「気まぐれロマンティック」が好かったと思うので、これなんかはどうでしょう。いや、自分でも機会があれば歌うつもりで練習しているんですが(木亥火暴!!)、やっぱりこういう可愛い曲は女性が歌ったほうが盛り上がるとは思うので。サビがタテノリでキビキビしていて、長さを感じさせないと謂うのもポイントです。

カラオケで最も嫌われる楽曲とは、実は「体感的に長い曲」で、洒落で「親父の一番長い日」とか「雨やどり」なんか入れたら絶対に嫌われます(木亥火暴!!)。間奏が矢鱈長くて結果的に演奏時間が長引く曲とか、1コーラスが単調な構成の曲が4コーラス以上続くような楽曲もダレますね。周囲の「まだ続くのかよ」と謂ううんざりしたような視線の中で歌い続けるのも辛いものです(木亥火暴!!)。間奏が長い曲をどうしても歌いたかったら、間奏の間は踊って繋ぎましょう(木亥火暴!!)。いや、オレは踊りませんけどね(木亥火暴!!)。

トクサツ系でも好ければ島谷ひとみの「WAKE YOU UP 」(ケータイ捜査官7のアレ)なんかも好いですが、これは少し転調が難しいような気がしますし、ザッと調べたところCDを買わないと楽曲を入手出来ないみたいなのがネックですね。ドラマ主題歌と謂うことで言えば、柴崎コウの楽曲は結構好いと思うので、KOH+の「KISSして」なんかも好いかもしれないですね、あんまり難しくないですし。あと、チーム・バチスタの栄光の主題歌の「守りたいもの」も、青山テルマですが視聴者層から考えて意外と若い人は歌わないだろうから穴なんじゃないかと謂う気がします。

アニソンで謂えば、「創聖のアクエリオン」なんかは「パチンコのCMで覚えた」と言い張ればアニヲタ疑惑を免れますね(木亥火暴!!)。聞き覚えのある人も多いでしょうし、リズムや発声がちょっと難しいですが、サビのところは刻んでいくタテノリで歌っていても聴いていても気持ちの好い曲なので好いんじゃないでしょうか。

投稿: 黒猫亭 | 2008年12月29日 (月) 03時09分

それから、練習なんですが、実際に歌詞を見ながら練習したほうが絶対に覚えが早いので、iTuneと連動する歌詞表示ソフトの「lyrics master」をインスコしましょう。以前はバグも多くて不便だったんですが、最新版はかなり完成度が高いのでカラオケの練習には便利です。Mac版とWin版両方あって、とくにMac版の完成度が高いです。

http://www.kenichimaehashi.com/lyricsmaster/

課題曲については、CDを買うかiTunes Storeで買えるなら買っちゃいましょう。そうでなければyoutubeから落としても結構ですが、それだとiTuneに読ませるのにファイルタイプを変換する必要があるので、ちょっとハードルが高いですね。ドラマで流れている楽曲は映像に合わせて継ぎ接ぎ編集している場合が多いので、出来ればちゃんとフルレングスの音源を入手するのがよろしいかと。以前野猿の楽曲をPVのDVDを見て練習して歌おうとしたら、PVとCDでまったく曲の構成が違う曲ばかりで驚いた覚えがあります(笑)。シャレで結成したユニットにしては商売ががめついですね(笑)。

で、練習の鉄則は「覚えるまで何度も続けて繰り返し聴く」です。特定の楽曲を何度も何度も繰り返し聴くとうんざりしますが、歌う為の練習なんですから聴いて楽しむつもりで聴いてはいけません、気持ちを切り替えましょう。人間の短期記憶と謂うのはアテになりませんから、何度も繰り返し聴いて覚えているところを増やし、覚えていないところを潰していくつもりで練習します。「この辺がうろ覚え」と謂う箇所も、繰り返し聞いてヴォーカルに合わせるようにしていくと自然に覚えます。

また、最初は歌詞毎の節回しのリズムを覚えてから、次に音階を乗せていくと謂う覚え方が効率が良いと思います。お経のような一本調子の棒読みでも好いですから、最初はリズムを覚えましょう。とくに最近の楽曲はリズムの変な曲が多いですから、これを最初に覚えてから音階を乗せるようにすると意外に覚えが早いものです。長い、短い、跳ねる、伸ばす、そう謂う言葉のテンポやリズムが基本になって、そこにメロディが乗るわけですから、まずそれを覚えるわけです。

「HANABI」のサビで謂えば、「とどっこーらないよにっ(休止)ゆれってーながーれてー」と謂うリズムが基本になって、そこに音階が乗るわけですから、どう謂うふうに言葉を伸ばしたり刻んだり切ったり休んだりするかを覚えない限り、音階の乗せようがないわけです。

そう謂うふうに歌い込んで行く過程で、楽曲全体の構造を把握するとなおよしです。どう謂う構造になっているかを覚えておくと、息継ぎが楽に効果的に出来るようになりますし、聴かせ所がここに来るからここはサラッと流しておこうとか、全体的なメリハリを附けることが出来ます。また、大サビでアカペラで歌い出すようなところは、どんなメロディが鳴ってからどんな音きっかけで何拍置いてから歌い出すかをよく確かめて覚えましょう。

肝心の音階や発声のほうは、個人の音感や声帯の問題ですから、テキストでお教え出来るようなことは何もありません(木亥火暴!!)。ただ、難しい曲は何曲か歌って声帯が拡がってこないと声が出ないので、一曲こっきりだけ歌うような場合は、難しい音階や伸びやかな発声を要求されるような曲は避けたほうが無難でしょう。

そう謂う次第で、ちょっと忘年会には間に合わないかもしれませんが、新年会目途で頑張って練習してみてください(笑)。

投稿: 黒猫亭 | 2008年12月29日 (月) 03時12分

寒風吹きすさぶ年の瀬に一肌脱いで頂きまして恐縮です。

いやあ、カラオケの実に奥が深いこと!選曲を入念に行うことから準備が始まるということが良く分かりました(通の方々は歌う曲順などにも神経を使われるのでしょうね)。

大変的確なアドバイスにも感謝致します。
多少感覚がずれているかも知れないのは自覚しておりましたので、恥を忍んでお尋ねして良かったです。

お薦めの曲の中では「WAKE YOU UP」「KISSして」を聞きかじっておりますが、どちらも女性ボーカルでテンポ良く明るい感じでいいですよね。

同じ柴崎コウでも、例えば「お・ま・えローテンションガール」だと阿部サダヲを思い出してしまうところ、「KISSして」なら福山雅治の顔が思い浮かぶと、連想されるイメージをも考慮して選曲することが大事なのだなあと。

黒猫亭様イチオシの「気まぐれロマンティック」と「守りたいもの」はドラマを見ていないので分からないのですが、多分「MUSIC ON! TV」あたりでPVが見られると思いますので探してみます。

「創聖のアクエリオン」……今見ているアニメは「ヤッターマン」で、最近見たパチンコのCMは若大将くらいしか記憶にgawk……探します。

練習方法までご伝授下さいましてありがとうございます。

最近の楽曲は聞いただけだとほぼ空耳アワーですから、歌詞の確認は必須ですね。
「繰り返し聴いて歌う」のは、以前クルマ通勤していた頃に良くやっていましたので、苦になりません(ああ、あの時もう少しマトモな曲を仕入れていたら、今こんな苦労をせずに済んだのに)。

曲を覚えるまでロングドライブという訳にも行きませんし、Wiiでカラオケも激しく近所迷惑になりそうだし、何だか「一人カラオケ・秘密練習編(もしくは地獄の特訓編)」をやってしまいそうですcoldsweats01

投稿: 604 | 2008年12月29日 (月) 22時35分

>604さん

どうもです。日乗のほうに書いた通り、Macのほうはなんとか最低限の環境が復活しました。ご心配戴きまして有り難うございます。

カラオケネタと謂うことで好き放題にいろいろ書きましたけど、やっぱりカラオケと謂うのは普通に考えたら莫迦騒ぎの最たるものなので、自分の楽しみで好き勝手に盛り上がるのが一番ですよね。

オレも義理のカラオケではあんまり好い想い出がなくて、素人が大声張り上げて歌を歌うなんてのは、そもそもハタから冷静に視たら恥ずかしい行為なんですから、場の空気に配慮して歌うのは、義理の宴会の延長上のことであんまり楽しいもんじゃありません。気の置けない仲間と一緒に好き放題に歌うのがやはり一番楽しいもんです。

よく考えてみると、オレも三十路半ば過ぎまではカラオケが好きではなかった…と謂うか人前で何かするのが嫌いなほうなので、寧ろ苦痛だったんですが、ネットのオフ会でアニソン・特ソンカラオケが定番になっていたのがきっかけで、自分から好んで歌うようになりました。

やっぱり、なんか変に周りを気にしなければならない環境だと、そんなに楽しいもんじゃないんですね。ネットの仲間は完全にプライベートの範疇の附き合いですから打ち解けた間柄で、選曲や歌の巧拙にも気を遣う必要がないし、練習的に識らない曲を入れても文句を言われないと謂う気兼ねのない雰囲気が好かったんですね。

最近では、難しい曲を練習して歌えるようにすると謂う方向性に行っていますけど(笑)、段々五十路のほうが近くなってくると、昔出来たことが今出来ないと謂うことのほうが増えてきますので、多寡が素人のカラオケですが、練習して課題をクリアすると謂うのはささやかながらそう謂う部分で楽しみとなっているわけですね(笑)。

とは謂え、田舎に引っ込んでからは、義理のお座敷も仲間内の集まりも疎遠になってしまって、昔より機会は減りましたから、ちょっと寂しくて一人カラオケなんて虚しいマネをしていますが(木亥火暴!!)。

>>何だか「一人カラオケ・秘密練習編(もしくは地獄の特訓編)」をやってしまいそうです

いや、やってみるとこれがけっこう楽しいんですよ(木亥火暴!!)。歌本からリモコンで入れる方式よりも、タッチパネルで選曲して入れる端末を使ったほうが、思い附きでどんどん曲を入れていくのに向いていますね。

ちょっと困るのが、一人しかいないので入れる端から演奏が始まってしまって連続して入れることが出来ないということなんですが、これはとりあえず入力の間を保たせる為に、なんでもいいから一曲入れて、その演奏中にゆっくり入れればいいんじゃないかと後から思い附きました(笑)。

そう謂う次第で、大晦日だと謂うのにこんな暢気な話で今年も終わってしまいますが(笑)、良いお年をお迎え下さい。

投稿: 黒猫亭 | 2008年12月31日 (水) 06時43分

Macのリカバー、おめでとうございますshine

調子に乗って根掘り葉掘りお尋ねしてしまいましたが、ご丁寧に教えて頂きありがとうございました。

コミュニケーションの場としてのカラオケの常識について、人並みの知識を得られたような気がします(世間の常識がぽこぽこ抜けているものでcoldsweats01)。
調べたり訊いたりというのもちょっと難しい感じの話題だったので、このたび分かりやすく心得をご指南下さったこと感謝しております。
これで気配りのカラオケ、暴走のカラオケと使い分けができそうですgood

黒猫亭様には本当に色々なことを教わってばかりで、大晦日までこんな話題にお付き合い下さいまして恐れ入ります。今年も楽しうございました。どうぞ良いお年を。

投稿: 604 | 2008年12月31日 (水) 21時47分

makeup Got You Down? We Offer The Best Solution Discount Mac Makeup Promotion http://www.makeup-wholesaleronline.com

投稿: Discount Mac Makeup Promotion | 2013年7月12日 (金) 20時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/234622/26440283

この記事へのトラックバック一覧です: カラオケにおける選曲の傾向と対策:

« ツイ・ハークの世界 | トップページ | 大晦日の風景 »