« きょうは604で相談(BlogPet) | トップページ | 豆腐花 »

米国版ゲキレンジャーに再び愕然

米国版ゲキレンジャーに愕然」に貼っておいたリンクが切れていないかチェックしていたら、Junglefury.Netの方のトップページ動画が変わってました。

Masters Transformationと題された動画では何と、7人のマスターたちが人間態から動物態に変身!
変身後の着ぐるみはオリジナル版と全く同じです。つまり、あの動物七賢人の擬人化という新しいことを米国版はやっていたわけですね。ふうむ面白いなあ。

オリジナル版でも、人間態時代のマスター達のシルエットくらいは出ておりましたが……。ま、どんな人たちだったのか想像の余地を残したという考え方と、できるところで制作費を抑えたという考え方がありますねcoldsweats01

米国版は先ごろ(ってもこの記事の下書きが11/6だ)最終回を迎えた模様。

しかしその最終回ときたら(チラ見ですが)、

 キングギドラ・ロンがラスボス
 何があったか、自信喪失の理央様を置いてゲキレンジャーに加勢するメレ様
 ゲキレンジャー危うし!に満を持して理央様登場、ひとり特攻
 しぶといロンに赤青黄がとどめを刺す
 正義は勝って微笑むマスターたち、都合よく理央様も無事
 後日、弟子たちを指導する赤青黄と理央メレ
 なぜかラブコメっぽくピザ屋でエンド

 

…………。

 

こんなのゲキレンジャーじゃないよ!crying

もお~、ノーテンキというかハッピーエンド症候群というか。
あの、メレ様が砂と消えるシーンや理央様の後追い特攻シーン、ジャンがエセ香港でプチ理央様に出会うシーン&劇終で盛り上がらずして、どこで盛り上がると???(←そこだけかとか言わない)

アメリカの人々にはぜひ、異文化を理解するということを学んで欲しいと思いました。

シリーズの動画へのコメントで「絶対オリジナルの方がいい。特にメレの衣装(*´д`*)」とか言ってる人(多分米国人かと。顔文字は脚色)もいましたけどねえ。それはそうとして、ストーリーの機微がどこまで分かっていらっしゃるやら。

そもそも戦隊が日付変更線を超えると何故パワレンに変わっちゃうかというと、米国での放映における数多くの制約をクリアするためらしいのですが。

人種・性別は均等に、お色気衣装は封印、流血禁止、悪役でも死ぬのはダメ……。

自由の国なのに何じゃこの制約はsweat02
たとえ制約をクリアしたって、現実社会は不正や不公平や差別に満ち満ちているじゃないかさ。

何かに似てるなあと考えて思い出したのがコレ。

Pcbs  

 

 

 

 

元の話とすっかり変わってしまうのは仕様だったのでした。困ったもんだ。

|

« きょうは604で相談(BlogPet) | トップページ | 豆腐花 »

特撮」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/234622/25079602

この記事へのトラックバック一覧です: 米国版ゲキレンジャーに再び愕然:

« きょうは604で相談(BlogPet) | トップページ | 豆腐花 »