« いまごろ正月時代劇・陽炎の辻 | トップページ | 思えば遠くへ来たもんだ »

昔の名前で出ています

時代劇3連発と思ったんだけど、息切れしましたhospital

1~3月は通常に比べ5倍速くらいで過ぎていくし(体感的ではなく、物理的に!)、新ドラマの録画はたまってくるし、領収書を数えるのにもうんざりだし、もう趣味ぐらい後ろ向きでもいいじゃんようcryingと思って動画漁りして見つけたのが、時代錯誤的にバブリーなマカオのホテルCM starring 周潤發

ファン的には結構な羞恥プレイですsweat02

「賭神 ゴッド・ギャンブラー」を彷彿とさせたかったのでしょうが、しかしどちらかというとチョイ悪オヤジ崩れの泡沫の夢という感じで、世界の富裕層への訴求力が期待できるのか不安。もしかしたらホテル自体金融危機の余波で潰れてんじゃないの?と思ったら、ちゃんと開業して営業しているようです。良かった良かった。でもホテルのサイトとCMとじゃ、全く違いますやん!

發哥もさ、こういう格好が似合ったのは20年くらい前までかと……。しかもこってりした七三のヘアスタイルにものすごい違和感がdespair
だってハリウッドに行ってからこっち、無敵の坊主(「バレット・モンク」)や高貴な坊主(「アンナと王様」)やアロハな坊主(「ドラゴン・ボール」……あ、坊主じゃなかったっけ亀仙人)ばっかなんだもんweep。どれも見てないけど。

かつてのあの、360度どこから見ても色男shine(しかしごくたまに不細工)、目が合うだけで妊娠しそうな(想像妊娠含む)フェロモン出しまくりheart04の發哥が、懐かしく思い出されるのでありました。

でも一番似合うのは、Tシャツ短パンゴム草履(←香港ではこのカッコでビジネスソックス&革靴のおっさんが多い)で、中華鍋振ってる姿なんだなあ。何か時々普通に香港歩いてるらしいですけど、私はそういう映画が観たいんだよう。

|

« いまごろ正月時代劇・陽炎の辻 | トップページ | 思えば遠くへ来たもんだ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

香港・中国映画関連」カテゴリの記事

コメント

今オレは、長い長いレッドクリフのレビュー書きに疲れ果てているところ(しかもまた半分も終わっていない)ですが、キャスティング的には周潤發の出演が流れて好かったと謂う結論になってしまうのが残念です。

だって、彼が出ていたら全然違う映画になってたんだもんな。

投稿: 黒猫亭 | 2009年1月21日 (水) 21時13分

おはようございます。

レッドクリフ(なぜ赤壁じゃなくレッドクリフ……しかもPartI)ご覧になったのですね。それはレビューが楽しみですshine

周潤發が降りて、梁朝傑が受けたのですよね。發哥的キャラではなかった、ということでしょうか?

確かにあの二人ではぜーんぜんキャラが違いますが……

投稿: 604 | 2009年1月22日 (木) 08時45分

>>なぜ赤壁じゃなくレッドクリフ……しかもPartI

ああ、オレも「赤い壁だからってそのベタな訳はねーだろう」と思って調べてみたんですが、どうやら「赤壁」の正式な訳語が「Red Cliff」らしいので、文句の附けようがないです(笑)。

まあ、米国資本が入っている合作映画の邦題は米題からとると謂うのは慣習なんでしょうがないでしょう。学校で習うんだから、「赤壁」くらいはいいんじゃないかと思うんですけど。

あと、Part1なのは、当初三時間内外の映画として予定されていたのが、どんどん膨らんで五時間超過してしまったので二部作にしたそうです。

>>周潤發が降りて、梁朝傑が受けたのですよね。發哥的キャラではなかった、ということでしょうか?

それがもっと複雑な事情らしくて、周潤發が降りた理由は中華迷の間でも不明だそうです。諸葛亮役をオファーされていた梁朝傑が、前作の撮影で疲弊していたので珍しく断ると謂うことになっていたんですが、その後に周潤發まで降りることが確定になったので、さすがに主役級俳優が二人も降りたんでは興行的に拙いと謂うことで、梁朝傑は残留した。

で、周潤發が降りれば彼がトップですから必然的に周瑜役に繰り上がって、浮いた諸葛亮役に金城が呼ばれた、だいたいこんな経緯だそうです。

で、さすがに周潤發を想定して設計したキャラをそのまんま梁朝傑にやらせるわけにも行かないですし、梁朝傑で想定していたキャラを金城で行くわけにも行かないですから、必然的に夫々の人物像を大幅に変更せざるを得なくなったわけで、そうするとドラマの内容まで変わりますから、当初予定していたのとはまるで性格の違う映画になったそうです。

当初の予定だともう少し原作通りの話になるはずだったみたいですが、配役が大幅に変更された影響で、かなり原作と違う話になったわけで、オレは現状の映画のほうが好きなので、申し訳ないけれど發仔が降りて結果的にはよかったかな、と。

多分、彼のままだったら、パイカリの海賊や臥虎蔵龍の武侠とあんまり変わらない役柄になっていたと思います。

投稿: 黒猫亭 | 2009年1月22日 (木) 16時53分

記事を書いていらしてお忙しいのに詳しく教えて頂きありがとうございます。

梁朝傑は降りるつもりだったのに残ったのですか。見た目はただの優男なのに、常に己に厳しい道を選ぶ、漢だなあ。監督との義理を重んじた点でも、トニーの株はますます上がりますね。

周潤發の仕事選びは、何らかの基準があるんだかないんだか、訳が分かりません。自分にしかできない役をと望んでいながら、結局いくらでも取替えのきくような役にしか出会えずもがいているような。

私は原作も映画も知らないので、黒猫亭様の記事で勉強させて頂きますね。

投稿: 604 | 2009年1月22日 (木) 20時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/234622/27339530

この記事へのトラックバック一覧です: 昔の名前で出ています:

« いまごろ正月時代劇・陽炎の辻 | トップページ | 思えば遠くへ来たもんだ »