« 猿(BlogPet) | トップページ | ウェルカム老上海! »

石川先生の異常な愛情

タイトルは例によって思いつきで。深い意味はありません。

去年の暮れ(いつの話題だ)、久々に漫画を買いました。

友人から「エロイカスペシャル号が」と情報を得て、マンガ雑誌コーナーでプリンセスゴールドを探したのだがもう無かった。和田慎二先生のエロイカ、読みたかったよ……crying

仕方がないので「もやしもん」7巻を買いに売り場を移動しようとしたその時、石川絵の表紙が目に入ったので手に取ると、新創刊で新連載で付録つきとな。
マンガ雑誌なんぞずいぶん買っていなかったけれど、雑誌休刊が相次ぐこの不況下の創刊号だし、海洋堂フィギュアですかふーんとか思って、ついなんとなく「もやしもん」と一緒に購入してしまいました。

あ、もちろん石川先生の新連載にも興味があったので。

で、「もやしもん」7巻。

醗酵蔵にて醤油作りと味噌作り。大豆と麹があるので真似してみよう。

メンバー泊り込みでの作業中(&酒盛り中)、わりかとフツーの女の子だった及川さんが、大学地下壕の秘密と樹教授の大いなる野望を暴こうと大奮闘しています。勇ましいです凛々しいです。115ページ最下段のコマではナウシカになっちゃってます。やっぱお好きなんですねえ。

しかしこれではますます主人公shine沢木惣右衛門直保shine(←目立たないのでフルネームにしてみました)の存在感が、薄く……薄く……薄く…………ま、いっか。

そして突然の泊り込みで着替えがないという言い訳のもと、及川も(長谷川さんのワードローブから借りて)ボンデージファッションに。樹研究室女子の衣装はかなり特殊

長谷川さん:白衣+ボンデージ(スタッズ・露出多め)
武藤さん:白衣+チア服(っぽい服。たまに着ぐるみ)
及川:ソフトボンデージ(普段着はショーパン)
沢木(男子ですが):ゴスロリ黒

なんつーか、趣味全開です。まあ白衣は私も大好きなのでgood

自治寮の風呂場脇に突如出現した古い地下通路。校舎内に見つけたおかしな通路に関係するのか、謎を解くべく、最近の学生さんには珍しいほど能動的に調べまわる及川ですが、結局教授から「(近所にある)日吉酒造の麹室」だと種明かしされて拍子抜け。

だがどうやら酒を造っている爺さまたちは、やっぱり何か隠しているらしい……ってところで7巻の終わり。バックの怪しげな風車が何かカギなんでしょうかね。この風車の後方には石造りの水道橋みたいなのが伸びていて、風車は湖の中(なんで学内に湖が?)にあるから、水でも引いているのだろうか。ドコへ?ううむ分かりません。

水の引いた湖の中から古代ローマの遺跡が……とかナシの方向で(ないない)。

さて、菌の合間の新連載は、「純潔のマリア」。

中世の戦場が舞台で主人公が魔女なのですが、彼女のスタイルがまた素晴らしきボンデージ。時代考証はどうなっとるんでしょう。でも可愛いからいいです。

フランスとイングランドの戦争を嫌い、戦場に使い魔を送り込んで戦いをやめさせてしまう、平和主義者の魔女という設定。ジャンヌ・ダルクにちらと触れているので、のちのちローマ・カトリック教会によって火刑に処されるのでしょうか。

彼女の特殊な点は、うら若き処女でマリアという名前の魔女であること。使い魔のアルテミス(処女神の名前ですが淫魔だから処女じゃない。衣装はボンデージを通り越して上も下も単なる革ベルトshock。シロフクロウになると超シンプルな姿で可愛いheart01)が「キリスト教徒が最も敬愛し神聖視する処女」とか言っていますが、ありゃcoldsweats02、そうだったっけ?確かに聖母マリアはカトリックのビッグアイドルだけど、キリスト様を処女懐胎したから神聖視されているのであって、普通の処女ならそれほど珍しくもないでしょうに。

実はその処女懐胎も、ヘブライ語の「婚外妊娠」の誤訳という説があると、米原万里氏の対談で読んだことがあるぞ。まあ冷静に考えて、仕込まずに孕むなぞあり得ませんやね。

結構デリケートな題材に(趣味全開で)挑まれる石川先生。もう、頑張って下さいpunchhappy02

第2話が掲載されている創刊2号は、付録もないしとりあえず保留(あ、コミックスは買う予定ですので)。しかし冷静になるとこの創刊号付録もどうしたものやら。tulip美少女フィギュアvirgoを愛でる趣味はなかったのに、ついお得感だけで買ってしまったのでした。

か、飾るか……(どこにsweat02)。

|

« 猿(BlogPet) | トップページ | ウェルカム老上海! »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

Really enjoyed this blog post.Really thank you! Much obliged….

投稿: lift shoe | 2013年8月12日 (月) 01時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/234622/27503377

この記事へのトラックバック一覧です: 石川先生の異常な愛情:

« 猿(BlogPet) | トップページ | ウェルカム老上海! »