« 「天堂口」 正調ノワールの苦き後味 | トップページ | 「リモート」に見る深田恭子的コスプレの軌跡 »

アンディ版「三国志」の関羽が

狄龍様なのだそうで……。

うーん、これは観るべきか否か。ここはとりあえず様子見。

サモ・ハンとユンピョウが睨んでいる「詠春」も気になるけど様子見。

「エンプレス」はドニー・イェンが出てるけど、丹哥の大胸筋が甲冑で隠れているので様子見。

小心者の兵法、様子見。

|

« 「天堂口」 正調ノワールの苦き後味 | トップページ | 「リモート」に見る深田恭子的コスプレの軌跡 »

香港・中国映画関連」カテゴリの記事

コメント

すでに観た人に聞くと、趙雲が劉備に仕えてから死ぬまでの数十年間を「九〇分くらいで」語っているそうですから、全然盛り上がらないらしいですよ(笑)。

ただ、アンディの子龍はそんなに悪くなかったし、関羽の狄龍はやっぱり好かったそうですから、それで我慢出来るかってとこですねぇ。

投稿: 黒猫亭 | 2009年2月20日 (金) 06時48分

おはようございます。

アンディ趙雲の老けメイクまで愛せるか、狄龍関羽の古装アクションに燃えられるか……。劇場まで行くには、もう一押し何か欲しい感じも致します。
しかし「三国志」と大きく出た割には短い映画なのですねcoldsweats01

香港映画の90分ルールは、思えばなかなか合理的なものでした。名作は「もっと観たい!」という気持ちになりますし、どんな駄作でも90分我慢すれば終わってくれますし。

いや、多分観た順番が悪かったのだと思います……despair

投稿: 604 | 2009年2月20日 (金) 09時23分

すいません、調べてみたら実際には「一〇二分」でした(笑)。短いことには変わりないなぁ。

>>しかし「三国志」と大きく出た割には短い映画なのですね

だって、「三国志」と謳っているのに劉備の宿将の一人である趙雲が主役と謂うことからして在り得ないでしょう(笑)。精々「三国外伝」くらいが相応だったんではないですかねぇ。

話によると、正伝にないエピソードや人物がたくさん出る上に、あんまり映像化されない劉関張歿後に諸葛亮が北伐を繰り返した時代を描いているのが目玉らしいんですが、やっぱり一〇〇分程度の短い尺では到底無理だったようです。

ちなみにオレは、予告編で目撃した謎のドカヘル型兜のほうがよっぽど気になります(木亥火暴!!)。

投稿: 黒猫亭 | 2009年2月20日 (金) 09時55分

ですよね、あの鉄兜には「タイムスリップした現場監督?coldsweats02」とか思ってしまいました……。

「レッドクリフ」同様、2次創作っぽい話なのですから、もう少し控え目なタイトルをつければよろしいでしょうに。

投稿: 604 | 2009年2月20日 (金) 10時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/234622/28219724

この記事へのトラックバック一覧です: アンディ版「三国志」の関羽が:

« 「天堂口」 正調ノワールの苦き後味 | トップページ | 「リモート」に見る深田恭子的コスプレの軌跡 »