« どれから行けば | トップページ | 「タイムスクープハンター」が終わっていた »

謎のプロモ

ちゃきっと朝イチで行って参りましたとーはく

じっくり見るのは八部衆と四天王に絞ったのですが、やはり人ごみに疲れた……(田舎者だから)sweat02
そして、その疲労に追い討ちをかけてくれたのが、物販コーナーにあったアルフィー高見沢さんのCDshockななな、なんだコリャsign03

と思ったら、コレか。

こういう宣伝って激しく微妙gawk。何故普通に淡々と単なる特別展ではいけないんだ。そんなに阿修羅で稼ぎたいのでしょうか、不謹慎な。

実は、「何でも屋のアルフィー」には、2か月ほど前にもやられておりまして。

ギャグとしか思えない映画宣伝

吹きました。余りにアホらしくて

ウォーロード投名状」、これまた戦う男たちの話なのですが(観てませんがcoldsweats01)、絵面がイマイチ地味っぽいため、いっちょ派手めな宣伝を!と血迷った人がいたのでしょう。あああ。

劉徳華、李連杰、金城武と有名どころが出ているんだから、日本人にはとっつきの悪そうな時代背景などを(レッドクリフ並に)分かりやすく紹介すれば、ファンの鑑賞意欲も湧くのではないですか。頭数が同じだからアルフィーに歌を歌わせるという発想は全く意味不明なんだけど(大昔だとジャッキー映画に日本語主題歌、とかあったようですが、アレは昭和の時代だからね!)。

アルフィーもさ、ここで稼いどかなきゃ年が越せない!というわけでもなし、キャリア長いんだからホイホイ何でも引き受けるのやめてましょうよ。んでもって、高見沢さんのコメントがまた見事に心がこもってなかったり……think(あ、本人が書いたんじゃないか)。

とまあ、余りに安直かつ時代遅れな宣伝手法が妙に気に障って仕方ないのでした。

ううう、阿修羅像を見に行ったのに、なぜこんな雑念が。

|

« どれから行けば | トップページ | 「タイムスクープハンター」が終わっていた »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

最近ウチのブログに書き込みしてくださっている摸捫窩さんが、阿修羅展のレビューを書かれていますので、よろしかったら。

http://geocities.yahoo.co.jp/gl/edelfalter/view/20090605/1244135179

そう謂えば、以前学研の通販で大人の科学玩具なんかに混じって仏像のミニチュアなんか売っていましたが、流石に一流仏師の作品は高いですね。

それより笑ってしまうのは、「一流仏師が刻んだゴジラ立像」とかまで結構なお値段で商っていることですが(笑)。

http://www.wisecart.ne.jp/marts/7.1/111002/

投稿: 黒猫亭 | 2009年6月 6日 (土) 17時39分

教えて頂きありがとうございます。見る方が見れば深いものなのですね。十大弟子は流し見してしまったので残念です。
それでも、それぞれの展示ににかなり迫れる形になっていましたので、細部まで見ることができて非常に満足感のある特別展でした。

阿修羅像は、ある意味ヨン様化していましたねdespair。まあ、色々な見方があると思います。

仏師の彫ったゴジラってhappy02どなたが買うのでしょう。和室に合うフィギュアと言えなくもないですけれど……coldsweats01

投稿: 604 | 2009年6月 6日 (土) 18時27分

How do you do? I loves your exceptional blog thanx and do not stop!

投稿: shoe lifts | 2013年8月12日 (月) 01時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/234622/28951100

この記事へのトラックバック一覧です: 謎のプロモ:

« どれから行けば | トップページ | 「タイムスクープハンター」が終わっていた »