« 「タイムスクープハンター」が終わっていた(BlogPet) | トップページ | 人間 »

初の漫画原作歌舞伎はね

ここのところ別の意味で魂が消えかけていた私ですが、今日の首都圏ネットワークでのニュースにはたまげました。

初めての漫画原作歌舞伎「石川五右衛門」海老蔵が主演

の、記者会見の様子が流れていたわけでございます。

ああ、そういえば夕刊に「新橋演舞場 八月歌舞伎公演」の広告が出ていたな、アレか、と頭の隅で思い出していたわけでございます。

海老蔵は特に好きな役者ではないものの、「華麗なるMR.BRAIN」で香川照之と睨み合っていたのが記憶に新しく(←私的には今までで一番の見どころshineだって澤瀉屋の息子と成田屋の跡取りのやり合いなんて貴重ですようcrown)、へええと画面を見ておりました。

んで、記者会見。
海老さまはギョロ目のスキンヘッドだから一目瞭然でございますが、その隣の、佐藤正明氏描く詐欺師のとんがった方(←たぶん東京新聞購読者じゃないと分からないです)みたいなオッサンは誰?
へ?

……樹林伸?

な、なんだっ(ry coldsweats02coldsweats02coldsweats02

一時部分的に人口に膾炙したあの樹林伸氏?
…が何故に歌舞伎?
ううむ良く分からん。

海老さまは海老さまで「漫画は歌舞伎と並ぶ日本の文化」とか、麻生太郎みたいなこと言ってるしさsweat02
まあそんなんは誰でも言いそうなことなのでどうでも良いのですが。

私が魂消たのは、「初めての漫画原作」という点。
いやいやいや、前にやってるし!外題は失念しましたが、杉浦日向子原作(「ヤ・ク・ソ・ク」という作品だった)、中島梓(あり?栗本薫だっけか?)脚本で!ちゃんとこの目で歌舞伎座で観ましたので!筋書も買ったはずなので、多分探せば出てくるぞ!

それともアレですか、ちょいとコケ気味だったので黒歴史ですか。
まあ確かに、中島氏もあれは失敗作であったと「ユリイカ」杉浦日向子特集号で述べておられましたが(それを読んだ後、ほどなく氏も亡くなられたdespair)。

少し前の夏目房之介先生のブログに、「とある出版社から送られてきた漫画の帯に『初の浮世絵漫画』とあるのを見て、『杉浦日向子を知らんのか』と思った」という記事があり、
んなバカな、物を知らないにもほどがあると憤ったdashのですが、それと同じことなのですかね……。

去るもの日々に疎しとは申せ、すりゃ薄情な。

|

« 「タイムスクープハンター」が終わっていた(BlogPet) | トップページ | 人間 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

歌舞伎には不案内なんでウィキで調べたら簡単に出てきました。

>>歌舞伎 江戸浮世話 彦三太鼓(1986年)-短編漫画「ヤ・ク・ソ・ク」を、親交のあった栗本薫が歌舞伎脚本に。

たしかに既存のマンガ作品が原作の歌舞伎は前例があるわけですね。ただ、記事の原文を見ると、「漫画家が初めて歌舞伎の原作を手掛ける」と謂う変な書き方になっていますから、これはひょっとすると、マンガの場合のように樹林伸が原作者として原案を出して、それをさらに脚本化する新作歌舞伎と謂う意味ですかね。

つまり、「石川五右衛門」と謂う既存のマンガ作品があるんじゃなくて、これから樹林伸が「石川五右衛門」と謂う新作歌舞伎の原作を書くと謂うことなのかな。

うーん、普通「マンガ家」と謂えば作画を担当するほうのことで、原作者は飽くまで「マンガ原作者」だと思うんだけど、わざと紛らわしくしているのか?(笑)

しかし、海老蔵のコメントも、いつものこととは謂え、本当に木で鼻を括ったようなやる気なさそうな言い種ですなぁ。本当に樹林伸と「意気投合」なんかしたんだろうか(笑)。

どうもこの役者は、素の人柄も役柄のイメージも「心ない」と謂う悪役的な印象が強いですね。たまにトーク番組なんかに出ると、なんか妙にギスギスした厭な雰囲気を作るし(笑)、記者会見なんかでも妙に不愉快な物の言い方をしますよね。まあ、記者会見のほうは、自業自得とは謂え、いいニュースの場合が少ないので仕方ないかもしれませんが(笑)。

幾ら何でも人気商売なんだから直したほうが好いんじゃないかと思うのは、他人と話をしているときにあのギョロ目を半眼にして虫けらを見るような冷たい目をするときがありますよね、あれはあまりにも悪人っぽいのでやめたほうがいいんじゃないかな、といつも思います。

投稿: 黒猫亭 | 2009年6月25日 (木) 01時50分

コメントありがとうございます。

ああ、「彦三太鼓」でした!題は忘れてしまっていたのですが、結末が漫画と180度違っていて驚愕だったのは今でも思い出せます。

海老さま…gawk父上がハンディを謙虚さで補われていたのと正反対で。彼ももう若くないんだから少しは丸くなればいいのにと思いますが、もうしばらく待っていれば向こうから大名跡が転がり込んでくるわけで、別に態度を改める気もないのでしょう。ヤな奴です。

ご指摘の点はごもっともで、二ュースの通りなら少なくとも「樹林伸原作の漫画」が存在しなければおかしいですね。よく考えると何だか意味不明の企画coldsweats01。まさか台本がネームだったりして。でも海老さまを釜茹でにするシーンは絶対に外さないで欲しいですgood

投稿: 604 | 2009年6月25日 (木) 08時49分

>604さん

嘗ての栗本薫は演劇に大変意欲的で、歌舞伎の脚本も何本か書いているようですが、結局演劇の分野で成功を収めることは出来なかった模様です。その為に莫大な借金を負って、それを早川書房に肩代わりしてもらった為に当初の予定を超えて延々グインサーガを書き継ぐことになったそうです。

>>父上がハンディを謙虚さで補われていたのと正反対で。

歌舞伎に詳しい友人が團十郎の話をすると、必ずと謂って好いほど「昔からいつも『あの声の悪い海老蔵さんに團十郎が継げるのかね』と言われててねぇ」と言うんですが、成田屋の御曹司に生まれて声が悪いと謂うのは致命的みたいですね。

海老様のほうは、祖父譲りと謂われる恵まれた資質がありながら、どうも人柄があんまりよろしくないようで、率直に言ってあんまり好ましい性格の人ではないみたいですね。

ただまあ、團十郎と謂う名跡のイメージ自体人格者とは程遠い荒々しいところがありますから、そう謂う伝統的なイメージを意識して、「これでいいんだ」と思っているのかもしれません。何となく履き違えているような気もしますが(笑)。

投稿: 黒猫亭 | 2009年6月26日 (金) 03時08分

あのネバーエンディングなグインサーガにそのような裏があったとは……coldsweats02まるで男に入れあげてますます年季明けが遠くなる花(自粛gawkのようなお話でございますね。

小説の名手とは聞いておりますが(読んだことがないのです)、「彦三太鼓」には小説の勘が働かなかったか、ちょっと首をひねるような代物でした。今となっては貴重な経験かもしれません。

海老さまはもうちょっと名門であることを気に掛けた方がいいと思うのですけどね。今のまま行くと、一番の当たり役が悪役なんていう妙に縁起の悪い團十郎sweat02になりそうで……。

投稿: 604 | 2009年6月26日 (金) 11時04分

本日のはねトびの「ほぼ100円ショップ」に海老様がゲスト出演すると聞いてwktkで観たのですが、案の定悪人キャラ全開で大笑いさせてもらいました(木亥火暴!!)。

いやあ、なんでこの人、こんなに性格が悪いんでしょうねぇ。この性格の悪さは死ぬまで治らないんじゃないかと思います。

投稿: 黒猫亭 | 2009年7月 1日 (水) 21時59分

これですねcoldsweats01
http://wwwz.fujitv.co.jp/hanetobi/info.html#oa_a

OAを見ていないので喋りなどは分かりませんが、やはりなぜか「あくどい」という言葉がお似合いな感じが致します。横にいる秋山とか堤下が可愛く思えますもの。

長生きされた某女形の方(故人)も性格はかなりアレだったらしいですから、海老さまもせめて芸だけ磨いてくれれば。

しかし、Wikiによれば「心と体を清く」しようと心がけているらしいですが…どこがだろう……gawk

投稿: 604 | 2009年7月 2日 (木) 08時13分

http://www.kabuki-bito.jp/news/2009/07/_photo_9.html

海老さまが「天守物語」の図書之助だなんて、ヤダヤダ絶対ヤダーーヽ(`Д´)ノ!!

投稿: 604 | 2009年7月 2日 (木) 17時02分

>>海老さまが「天守物語」の図書之助だなんて、ヤダヤダ絶対ヤダーーヽ(`Д´)ノ!!

海老様の図書之介なんて絶対信用出来ませんねぇ(木亥火暴!!)。「目が見えなくなりました」とか嘘を吐いて富姫を騙して、虫けらを視るような冷たい目でせせら笑っていそうです(木亥火暴!!)。

投稿: 黒猫亭 | 2009年7月 4日 (土) 07時22分

ホントですよ、腹黒くて妖怪の上前をはねそうな若き鷹匠なんてイヤですうcrying

……そういう意味で、MR.BRAINでの刑事役は海老様の魅力全開だと思いました。昨夜も素晴らしい悪者っぷりcoldsweats01

投稿: 604 | 2009年7月 5日 (日) 06時28分

たまたま見たシンケンジャーにも海老さまが!
こっちは普通に可愛いのになあcancerscorpiusscissors

投稿: 604 | 2009年7月 5日 (日) 09時49分

海老様の悪口でこんなに盛り上がっていいのかと思いつつもう一つ(笑)。

先日のめざましテレビの芸能コーナーで、海老様が「パリ・オペラ座のすべて」のナレーションを担当すると謂うトピックスを採り上げていたんですが、そこで自身のパリ公演の際の想い出として「見知らぬ女性にナンパされた」と謂う話をしていて、結局自慢話かよ、と(笑)。

まあ、周囲からプレイボーイ視されていることを踏まえた上で、サービス的に期待の地平上の答えを語ったんだと思いますが、感じ悪いことは感じ悪いですねぇ(木亥火暴!!)。

投稿: 黒猫亭 | 2009年7月 5日 (日) 11時02分

ウケ狙いなんでしょうか、ヤな意味で空気読めてない感じですねgawk
あるいは本当にこれといった想い出がなかったのかも知れません、可哀想に┐(´-`)┌

プレイボーイといっても、海老様の場合いぎたなく喰い散らかしているイメージで、本当に感じが悪いです。いつか天罰が下るんではないでしょうか。

何だか悪口が止まらなくなってきました。いやあこんなに海老様が嫌いだったとは、我ながらびっくりですcoldsweats01

投稿: 604 | 2009年7月 5日 (日) 22時08分

ねえ奥様、新しいTSUTAYA DISCASのCMはご覧になりまして?

いやもう、あのナチュラルボーン根性悪の海老様が、その辺の兄ちゃんに肩を抱かんばかりのニコヤカさでDVDのレンタルを奨めると謂う構図に、「何か裏にヤヴァいカラクリがあるんじゃないか感」がプンプン漂ってきますねぇ(木亥火暴!!)。

思わず「フィッシング詐欺にご注意を!」と謂う趣旨の警視庁からの公共広告かと思っちゃいました(笑)。

投稿: 黒猫亭 | 2009年8月 3日 (月) 12時17分

もちろん見ましたですわ奥様。

「DVDをご鑑賞ですね小林さん」とか言われた小林さんが、どうやってか分かりませんが骨までしゃぶりつくされ破滅するさまを想像させる、海老様の悪の魅力全開なCMでございます。

何かもう、海老様から目を離せなくなりましたねcoldsweats01

投稿: 604 | 2009年8月 3日 (月) 13時51分

>>「DVDをご鑑賞ですね小林さん」とか言われた小林さん

勢い込んでディスカスの便利さを得々と捲し立てる小林さんが、円天やネズミ講の末端会員にしか見えません(木亥火暴!!)。そして、いやに軽妙なエロキューションで「それは便利ですねぇ」と相槌を打つ海老様も、「ば〜〜〜か」と謂う内心の声が聴こえてきそうに思えて仕方がありません(木亥火暴!!)。

なんで海老様があんないつものキャラにないCMを引き受ける気になったのかサッパリわかりませんねぇ。

投稿: 黒猫亭 | 2009年8月 3日 (月) 22時07分

ああっ、コメント頂いてた。

そうなのですよ、余りにも不自然ですごい違和感が……。
お笑いもイケるソフトないい人路線にイメージをシフトしようとか考えてるなら、punch絶対に無理punchですね。

海老様はもうどうしようもなく「この顔にピンときたら」系の、警戒心を呼び起こさせる面構えですし。

投稿: 604 | 2009年8月 3日 (月) 22時40分

やられました。

この女誑しめが、こともあろうに小林麻央みたいな世間知らずのおぼこい娘まで毒牙にかけるとは、人の皮を被った外道ですな(笑)。

これまでの相手なら、「まあ、どっちもどっちだしなぁ」てな感じで釣り合いがとれていましたが、今回みたいに堅気のお嬢さんに手を着けてはいかんでしょう(木亥火暴!!)。

何かの間違いか、でなければ、小林麻央には一刻も早く海老様の本性に気附いて目を覚まして欲しいものです。一時の気の迷いは誰にでもありますからねぇ(木亥火暴!!)。

投稿: 黒猫亭 | 2009年11月19日 (木) 11時20分

ようこそ「海老様scorpiusの悪口を書き連ねるpunchimpactコメント欄」へcoldsweats01

夕方のニュースでちらっと見ましたが、お怒りごもっともだと思いました。なんというか、正に「海神別荘」のような。

まあでも、いくら「真剣にお付き合いして」も、しゃぶり尽くされた後にさくっと棄てられちゃうんじゃないかという気がしますが……。

投稿: 604 | 2009年11月19日 (木) 20時48分

あらー、どうやら本気で結婚するようですね……coldsweats01。できちゃったchickわけでもないらしいのに。

このお嬢さんに市川宗家の奥様が務まるんでしょうか(といってもほとんど知らないのですが、小林麻央)。

投稿: 604 | 2009年11月19日 (木) 23時45分

>604さん

>>このお嬢さんに市川宗家の奥様が務まるんでしょうか

世間知らずと謂っても、おぼこい見掛けよりも真面目な性格らしいので、梨園の妻として働くこと自体はそんなに不安がないでしょう。なので、これが前田愛みたいに勘太郎だの七之助だのと結婚したと謂うのなら「大変だろうけど、頑張れよ」と謂う気になるんですが、相手が海老様ですから。

海老様の妻と梨園の妻では全然意味が違います(木亥火暴!!)。これは完全に悪意的な想像ですが(笑)、海老様は勘太郎が真面目そうな女性と結婚したのを見て「遊ぶんならチャラチャラした女がいいけど、やっぱ結婚するんだったら育ちの良い女だな」とか考えたのでしょうか(木亥火暴!!)。

最初の最初から「遊びは芸の肥やし」くらいの料簡で結婚しても女遊びを控える気持ちなんかさらさらないでしょうし、女房を泣かせる気マソマソでしょうから、見す見す破綻するに決まっているのに、わざわざこんなのと結婚して苦労を買わなくても好いのになぁ、と(木亥火暴!!)。

海老様の愛情が三カ月保たないと謂うのはこれまでの事例で実証済みですが(笑)、思うに、女性のほうでも海老様への愛情は一年も保たないんじゃないですかねぇ。なんだかその愛情がすぐに憎しみに変わるような気がしてしょうがないんですが。

投稿: 黒猫亭 | 2009年11月20日 (金) 00時30分

そもそもどうして海老様に愛を抱けるのかが不思議……gawk

>>海老様の愛情が三カ月保たない

そうなんですかcoldsweats01。取って喰って排泄、のサイクルが三カ月弱なんですかね。今回結婚したら少なくとも男子誕生までは続くのでしょうが、愛情は保証の限りではありませんし。

しかし、もしかしたら海老様は今度こそ真実の愛を見つけたのかも知れず。お二人が幸せな家庭を築かれることを心からお祈り致します(棒読み)。

投稿: 604 | 2009年11月20日 (金) 07時54分

Heya i抦 for the first time here. I came across this board and I find It really useful & it helped me out much. I hope to give something back and aid others like you helped me.

投稿: shoe heel lift | 2013年8月12日 (月) 01時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/234622/30246582

この記事へのトラックバック一覧です: 初の漫画原作歌舞伎はね:

« 「タイムスクープハンター」が終わっていた(BlogPet) | トップページ | 人間 »