« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月の7件の記事

成奎安が……!

香港の俳優、成奎安氏死去

04年から患っていた癌との闘病の末、だそうです。
Yahooで別のニュースの関連ニュースになっていたのですが、自分的にはこっちの方が重大。私の激面強面好きのルーツとも言えるお方なので。

百度百科・成奎安(写真あり)

雅虎香港新聞・明報(写真あり)

雅虎香港新聞・星島

55年生まれってことは、周潤發と同い年……まだまだ若いのにweep
デカイ体にデカイ顔、怖い役はちびりそうなくらい怖く、ちょっとおバカな役でニカッと笑ったりするとコワチャーミングでした。一回見たら忘れられない名脇役。一番怖かったのは、五寸釘に頭が刺さって死んだシーンshock(頭に五寸釘、ではない。「我在黒社会的日子」だったかなあ)。

ご冥福をお祈り致します。お疲れ様でした。

続きを読む "成奎安が……!"

| | コメント (13) | トラックバック (0)

「修羅雪姫」 未踏の白雪、散華の血飛沫

梶芽衣子姐様の「修羅雪姫」(真作)をやっと観ましたー。いやあ素晴らしかった。

修羅雪姫

メインストーリー(雪の出生から仇討ちを果たすまで)なので、話がちゃんとまとまってます。まあ、本来「修羅雪姫」ってそれだけの物語で、夫と息子を惨殺され、女囚として死んだ母の恨みを晴らすべく、仇を探し出してズバズバと殺してゆくというお話ですね。

やはり主演梶芽衣子様の、艶やかな着物姿、鮮やかな刀捌きといったビジュアルが主たる見どころですが、もう一つの見どころと申せば。

続きを読む "「修羅雪姫」 未踏の白雪、散華の血飛沫"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

津軽の思い出

弘前が東北地方では先進の都市であったと、青森銀行本店をはじめとする明治時代の建築などからうかがい知ることができたわけなのですが(すんません、あまり歴史を知らないもんで)、そういう感慨を一気に吹き飛ばしてくれたのが、太宰治生誕百年関連のお土産物。

東奥日報「太宰ファンが商品企画」

記事によると1年ほど前には出来ていたようですが、ちっとも太宰ファンじゃないので知りもせず、コンビニで見つけたときは人目も憚らず吹きました。
うまれてすみませんべい」のイラストが、太宰と言うより三平師匠で……。

続きを読む "津軽の思い出"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

浴衣の柄がいまいち

浴衣の柄がいまいち
九鉄リネンに比べると、どうしても……。

今日は機関車が茶色の64で一部大騒ぎでしたー。ではちょっと青森方面まで行ってまいりますです('◇')ゞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

梶芽衣子&釈由美子

並べて書くと何だか似てますねお二人の名前。
一文字の姓と三文字の名という構成もそうだし、読んだ時の音の調子も似ています。まあ偶然に過ぎないでしょうけど。

共通点は「修羅雪姫」。ちょっと前に原作漫画を全巻立ち読みしたら結構面白く、ならばあまりにも有名な梶芽衣子様主演作品と、釈由美子ちゃんで作ったリメイク作品を併せて観てみようということで、DVDを借りました。

まあ、悲喜こもごもだったわけでございますが。

続きを読む "梶芽衣子&釈由美子"

| | コメント (9) | トラックバック (0)

検索語句ランキング2009-I

えー、何となく惰性で続けておりますがdespair

2009年4月~2009年7月の検索語句上位5つは、

1 リモート 深田恭子
2 斬り抜ける
3 加藤虎ノ介
4 金城武
5 深田恭子 コスプレ

となっておりました。

ふかきょん以外前回と変わってないあたり……何か偏ったものがあるんでしょうかね。加藤虎ノ介金城武なんて、該当する記事は1つずつくらいしかないんですけど(しかもあんまりマトモじゃないし)。

それにしても「リモート 深田恭子」(逆もあり)強し。毎日満遍なく引き合いがあり、もうダントツです。どこかで再放送でもされたのか、それとも今やってる「華麗なるスパイ」で派生的に話題になっているのか。

しかしアレですね、「華麗なるスパイ」はそこそこ豪華メンバー(まあ主に渡さんだけど)を揃えたわりに話が薄味で、しかもあんまり土9っぽくない感じ。じゃあどんなのが土9らしいのかというと明確には分かりませんが、「うさんくささ」と「トンデモ」がこってりなイメージですかねえ。

続きを読む "検索語句ランキング2009-I"

| | コメント (0)

本屋でぶらぶら

買出しついでに本屋へ。

定点チェック後の移動中、男性ファッション誌・クルマ誌あたりの位置に、頭抜けて高く平積みされた雑誌があるので近寄ってみると。

FAMOSO(ファモーソ)Vol.2(雑誌)

表紙は「FOCUS」な雰囲気ですが、中身はこんな感じ。バカだねえhappy02

所さんは数十年間相変わらずだし、たけしさんも映画撮ってるよりずっといいと思った(「こち亀」のたけしさんもgood)。ALFEE坂崎さんのカメオっぷりも、いつもの立ち位置って感じだなあ。

ちょっとクスッと来たりしながら(←ヤバい)ありがたく立ち読ませて頂いて、元に戻しておきました。だってこーゆー雑誌買うのって中高校生くらいまでじゃん。大人は買いませんよ。

あとは「すばる」の北方×児玉対談を立ち読みして、北方水滸伝の14巻を買おうかと思ったけれど、今読んでいる本があるのでまた今度にして、何も買わずに帰る。申し訳ない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »