« 「修羅雪姫」 未踏の白雪、散華の血飛沫 | トップページ | 勝利したかも(BlogPet) »

成奎安が……!

香港の俳優、成奎安氏死去

04年から患っていた癌との闘病の末、だそうです。
Yahooで別のニュースの関連ニュースになっていたのですが、自分的にはこっちの方が重大。私の激面強面好きのルーツとも言えるお方なので。

百度百科・成奎安(写真あり)

雅虎香港新聞・明報(写真あり)

雅虎香港新聞・星島

55年生まれってことは、周潤發と同い年……まだまだ若いのにweep
デカイ体にデカイ顔、怖い役はちびりそうなくらい怖く、ちょっとおバカな役でニカッと笑ったりするとコワチャーミングでした。一回見たら忘れられない名脇役。一番怖かったのは、五寸釘に頭が刺さって死んだシーンshock(頭に五寸釘、ではない。「我在黒社会的日子」だったかなあ)。

ご冥福をお祈り致します。お疲れ様でした。

で、元のニュースが何だったかというと、

アンディ・ラウさん、既に結婚=レオン・ライさんも-香港紙

ぬあにを今頃、どちらもいいトシしてだらしないなあ、と初めは思ったのですが、何かファンの手前というのもあるらしい。アンディの追っかけ女の話はそりゃあ怖かったですし。でも、むしろ結婚したことで「ああ、やっぱりストレートだったのねconfident」と安心するファンの方が多いのではないだろうか。

いや、私はどっちでも構わないんですけどね。

って蛇足。

|

« 「修羅雪姫」 未踏の白雪、散華の血飛沫 | トップページ | 勝利したかも(BlogPet) »

香港・中国映画関連」カテゴリの記事

コメント

>>アンディ・ラウさん(47)とレオン・ライさん(42)がそれぞれ、ひそかに結婚していたと報じた。

一瞬、アンディ・ラウとレオン・ライが極秘結婚していたのかと思って、心臓が停まりそうになりました。

投稿: 黒猫亭 | 2009年8月31日 (月) 03時56分

ぶわはははははhappy02happy02happy02

落ち着いてくださいませ、「それぞれ」ですから!

うーん、でも「四天王内恋愛」とか、その筋の方々のネタにはなっていそうな気がします……、マジな話coldsweats01

投稿: 604 | 2009年8月31日 (月) 08時33分

これは記事を書くほうも書き方に困ったでしょうねぇ、「アンディ・ラウとレオン・ライが極秘結婚」でも間違っていないんですが、絶対誤解する奴がいるだろうし(木亥火暴!!)。

>>うーん、でも「四天王内恋愛」とか、その筋の方々のネタにはなっていそうな気がします……

断袖関係と謂うのは、向こうでもない話じゃないだけに幾らでも妄想のタネはありますよねぇ。「すでに受けと攻めが決まっている」に百万ペリカ。

投稿: 黒猫亭 | 2009年8月31日 (月) 15時56分

ざわ(ry

い、一体何通りの組み合わせが~shock

調べたら黎明のアルバムに「4 in Love」というのがあるらしいのですが、「4」は四天王なんだそうです。何か売る側も意図的に匂わせているような感じがしないでも。

となると、案外億単位のBLモノ需要が中国に埋もれていたりするのかも知れないですね……出版界は要注目か(方向違)。

投稿: 604 | 2009年8月31日 (月) 21時41分

役って…なんだろう…?

投稿: BlogPetの鶴見川萬寿之助 | 2009年9月 1日 (火) 14時04分

>萬ちゃん

はっはっは、こいつめ、オジサンが教えてくれると思って最近は質問ばっかりだな。しょうがないから教えてあげよう。

「役」というのはね、マージャンやトランプや花札で、集めたパイや札の絵柄が、ある決まった組み合わせになっていることをいうんだ。集めにくい組み合わせほど、もらえる点数が高いんだよ(笑)。

投稿: 黒猫亭 | 2009年9月 2日 (水) 00時52分

おはようございます。

ああ、小さきものになんてお優しいcoldsweats01
ご自宅ではお嬢様たちともこのようにお話なさっていらっしゃるのでしょうね。和むなあ。

亀ですが、Blogpetのサイトの方を見たら、人知れず記事投稿をして失敗していたようなので、設定しなおして再投稿しているところです。亀の記事が続きますが、どうぞお気になさらず……。

投稿: 604 | 2009年9月 2日 (水) 08時53分

>>ご自宅ではお嬢様たちともこのようにお話なさっていらっしゃるのでしょうね。和むなあ。

ホントにそのように会話しているのですが、それを見て和むかどうかは見方によるでしょうなぁ(木亥火暴!!)。

月夜のほうがかなりお喋りなので、アテレコをして自分で答えているのですが、自分でも「サイコ」のラストシーンにしか見えないなと思います(木亥火暴!!)。

>>人知れず記事投稿をして失敗していたようなので

人知れず投稿して人知れず失敗する…可愛いなぁ、奥床しくて(木亥火暴!!)。ただ、レスのほうはマシになりましたが、エントリのほうは長いだけあって相変わらず不気味なまんまですねぇ(笑)。

投稿: 黒猫亭 | 2009年9月 4日 (金) 14時56分

「サイコ」のラストシーン……shockshockshock

……まあまあ、誰に見せているわけでもなし、黒猫亭様のお心が癒されるならよろしいかと存じます(摩耶さんと月夜さんでは声色が違ったりしてhappy01)。

亀の投稿記事は自分の文章がベースになっているだけにかなり気持ち悪いのですが、ブログパーツの方をクリックすると時々川柳まがいのことを言ったりします。一応ちゃんと五七五になっているので、それだけは良くできているなあと思いますね。

投稿: 604 | 2009年9月 4日 (金) 17時07分

>>摩耶さんと月夜さんでは声色が違ったりして

摩耶はツンデレ系で月夜はドジっ子系です(木亥火暴!!)。摩耶は「よくってよ」とか「許せないわ」とか言いますが、月夜は「あのねえ、あのねえ、わたし○○なの」と中身のないことを言いますね(木亥火暴!!)。

以前買ったニャウリンガルで翻訳してみたら、月夜さんが「あたしだけを見つめてほしいの」とかマセたことを言っていたのでびっくりした覚えがあります(笑)。

投稿: 黒猫亭 | 2009年9月 4日 (金) 19時50分

うわあ、字面だけ拝見すると(あるいは擬人化してみると)ちょっと許しがたいようなtulipウハウハtulipな状況ではありませんか!

ニャウリンガルってイグ・ノーベル賞を取ったアレの猫版ですよね。月夜さんのそのセリフは状況的に正確な翻訳だったのでしょうか。そこまでニュアンスが出るって結構すごいですね。

投稿: 604 | 2009年9月 4日 (金) 22時08分

本題とは無関係な話題を引っ張るのもどうかとは思いつつ(笑)。

>>ニャウリンガルってイグ・ノーベル賞を取ったアレの猫版ですよね。

そうです、バウリンガルは音声が出る新型が出ていますが、その前のモノクロ液晶で簡単な動画と文字が出るやつですね。

先日フジテレビのポッドキャスト「つか金フライデー」を聞いていたら、新型バウリンガルの担当者が出演していろいろ解説しておりまして、バウリンガルの解説なのでニャウリンガルにも当てはまるかどうかはわかりませんが、犬種とその泣き声の膨大な音声データに基づいて、基本的な六種類の感情を解析し、その六種類の感情にマッチした複数のセリフのうちからランダムに一つが選ばれる仕組みのようです。

なので、個別のセリフについては「何となくそんな感じの気持ち」と謂う程度の精度でして(笑)、言葉通りの意味で「あたしだけを見つめてほしい」と思っているわけではなく、「寂しいから、かまって、かまって」と謂う程度の感情だ、と謂う意味みたいです。

なので、セリフの文意を真に受けて、黙ってじっと見つめるだけでは決して満足してもらえません(木亥火暴!!)。

前述の通り、バウなら犬種、ニャウなら猫種を最初に予めセットしなければならないので、摩耶の言い分を聞いてから月夜の言い分も聞く、と謂う細かい芸当は出来ません。あと、割合人声とかTVの音のような雑音に弱いのと、解析に暫く時間が掛かるので、オモチャと割り切って使うものですね。

よくある占い機能の附いたオモチャよりは科学的な根拠と機能性があるし、満更出鱈目な結果が出るわけではない、くらいの感覚ですかね。ニャウリンガルを用いて猫たちと楽しく会話しようと謂う目論みは実現出来ませんでした(笑)。

投稿: 黒猫亭 | 2009年9月 8日 (火) 09時27分

環境が整わずお返事が遅くなりましてすみませんcrying

バウリンガル、興味はあったのですが、とうとう使う機会がありませんでした。

>>犬種とその泣き声の膨大な音声データに基づいて、基本的な六種類の感情を解析

六種類も感情があるのかしらと思いましたが、喜怒哀楽+甘え・要求とかですかね。犬種をセットするのは声も違うからなんでしょうね。よく吠える種類もあればほとんど鳴かない種類、ふがふが言ってるばかりの種類もありますしhappy01

基本的な感情ということは、「動物のお医者さん」の書き文字のような、ピンポイントなセリフは出てこないんですね。ミケ姐さんのように「いややねん」「遊ばんのやったら暴れたる」はさすがに無理かcoldsweats01

でも、かまって欲しくて恨みがましく唸っているのか、どこか具合が悪くて呻いているのか、判別しにくいものがスパッとわかると結構便利かも知れません。

>>ニャウリンガルを用いて猫たちと楽しく会話しようと謂う目論みは実現出来ませんでした

いえいえ、黒猫亭様は機械に頼らずとも猫さんたちとの会話を十分エンジョイなさっていらっしゃるようにお見受け致します。また猫さんの記事を拝見するのが楽しみです(←図入りで)good

投稿: 604 | 2009年9月 9日 (水) 08時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/234622/31170823

この記事へのトラックバック一覧です: 成奎安が……!:

« 「修羅雪姫」 未踏の白雪、散華の血飛沫 | トップページ | 勝利したかも(BlogPet) »