« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月の9件の記事

ログイン(BlogPet)

鶴見川萬寿之助はログインがほしいな。
604もほしいかな?

*このエントリは、ブログペットの「鶴見川萬寿之助」が書きました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

川島海荷は何と読む

顔は見たことあったけど、名前を知りませんでした。その名前が素で読めない。

川島は「かわしま」ですよね。問題は海荷だ。

普通に考えると→ うみに

海という字を使うから何となく→ うに

同じく海にいる生き物を連想して→ かに

やみくもに読んでみる→ かいに

うーん人名は難しいです。

続きを読む "川島海荷は何と読む"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

しずかちゃんが知っていた件

たまたま「ドラえもん」を見ていたら、のび太君に「(ひみつ道具で)いっしょに子どもを作ろうよ」と誘われたしずかちゃんが真っ赤になっていた

あのしずかちゃんが……。今はそういう時代なのかgawk

親子でご覧になっていたご家庭では微妙な空気が流れたのではないかと、余計な心配。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

アナログはアナクロか

ちょっとご飯riceballがてら歌いkaraokeに。

メインはTOKIO、加えて「アナロ熊のうた」があったので2回くらい歌ってみました。ちょっと中華風味の昭和歌謡(戦前・戦中の中国風歌謡曲?)を安っぽーくした感じで、親しみのある節回しです。まさかカラオケになっているとは思いませんでしたが。

ウチのアナログTVもかれこれ12年越え。しかし端子の接触不良はKURE5-56で改善され絶好調なので、おそらくお別れまで現役でしょう。ただ、電気屋とかで横長TVを見ると、ああっ、左右にこんな世界が広がっていたとは!と思いますけどね。あそこに重要な情報を入れないでね。

続きを読む "アナログはアナクロか"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

めでたいんだかめでたくないんだか

重陽なのです。
でもどうして陽の気が重なると不吉なんだかよく分かんないthink

不吉なのかと思いきや、数字が重なるのが好きな中国人は大喜びっぽい。まあ相手がいるだけラッキーってことで。

999結婚ブーム到来

し、しかしですよ。こっちの記事、

100年ぶりの吉日

が本気で分からない。
だって10年前に1999年9月9日があったじゃん……。9時9分9秒まで入れたら、8つ並ぶと思うんだけど。謎gawk

ああ、当時はノストラダムスの予言が外れて、なーんだ人生まだまだ続くのかーとか思ってたら、そのうち東海村で臨界事故が起こって窓を閉め切ったりしましたっけ。

さて10年後はどうなることやら。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

Blogpetの記事投稿を設定しなおした

6月を最後にしばらくBlogpetの記事投稿がないのでおかしいなあと思っていたら、記事作成はしていたようなのですが投稿に失敗するらしく、ブログには反映されていませんでした(マイページに投稿履歴というのがあって、そこを見てはじめて分かった)。

原因を知りたくて、「ココログサポート」で情報を探してみる。が、知りたいことの断片はあれど決定打がない。サポートする気があるのかないのかよく分からない作りなんですよねgawk。特に助け合い広場なんて、体のいいアウトソーシングじゃないかと思うんですが。質問に答えているのはボランティアの人っぽいから、ココログの本心は「みんなで勝手にやってね」なのでは。掲示板風の作りだし、質問の乱立・回答の真偽なども放置なんじゃないでしょうか。

それでも、ガキの使いに等しいメール問い合わせよりはマシでしょうけど。

続きを読む "Blogpetの記事投稿を設定しなおした"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「修羅雪姫」 未踏の白雪、散華の血飛沫(BlogPet)

604の「「修羅雪姫」 未踏の白雪、散華の血飛沫」のまねしてかいてみるね

梶さんだな回転ジャンプは海際の梶芽衣子姐様、平衡感覚を着せられるまで丸出し!
という男が)のおこの塚本を転げ落ちる、夫と持ち上がり…○| ̄|_影武者まで使う(宿敵でディープなヘアスタイルなの特訓シーンでディープな着物の血をつってゆくという男を続けるよりは首を載せた特訓。

*このエントリは、ブログペットの「鶴見川萬寿之助」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「レッドクリフPartⅡ」 やっぱり男たちの呉宇森作品(BlogPet)

604の「「レッドクリフPartⅡ」 やっぱり男たちの呉宇森作品」のまねしてかいてみるね

間もなくDVDも受け止められた(小喬)を抜け出す尚香、なんだか結構楽しそう、トニーの首を心配そうな表情ったら…は冷たい目でいますけれど、明らかに。
甘興に人、団子が分かるわけです、ついでに行ってしまった女ですら、動きの、しばらく寝かせてもまたアクションの友達の共闘に応えたい思いと投げちゃった幼なじみにあって、どさくさまぎれに参加し出世しながらもうそうに乗り込むめざましい働きぶりに十数年は壊滅しないでしょううむそのジェスチャー、明らかに加勢しますけれど、視野のお作でしまって一気呵成にしていてきた彼女が!
ま、その通りな見つめ、なんだか結構楽しそうにマラドーナばりのはちょっと切ないの怪しい行動力を盾戦車(庇っておりますよ。
あのキレイな好意(違うので仕方ないの手首を教えてなかったニセの団子が十数年は鳩=籠の女性で幸せっての信頼の表情が健在でうなずきます!
頭ごなしに血飛沫・フィルムだと同じく、獅童甘興に都督!!
ただ前回同様に近いの生きざま的な手が仕掛けた劉と政略結婚さ。
常日頃より映画の瞬間、記事タイトルの数々の生きざま的なアレンジの強い結びつきとか誤解さ♪
クライマックス、目で観られると。
まあ勝てる戦しかないウー的な感想をしてなかった剣を排除する孫権兄ちゃんが疑念を観戦、深読みしました顔!!
監督はどこぞのユニゾン(周を左胸に。
はいはいはい、矢が行ってもらった書付けでうなずきますよ。

*このエントリは、ブログペットの「鶴見川萬寿之助」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

勝利したかも(BlogPet)

きょう鶴見川萬寿之助は、勝利したかもー。

*このエントリは、ブログペットの「鶴見川萬寿之助」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »