« 関西人のDNAには | トップページ | メモ(BlogPet) »

604が死んだ

2009年11月13日(金)、604が臨終を迎えました。

※この記事は「訃報自動投稿サービス」によって作成されました。

長らくのご利用、ありがとうございました。

 
 
 

……なんちゃってcoldsweats01。死んだのは携帯の方なんですけどね。

よよよよりにもよってtyphoon13日の金曜日shockに、鞄の中でひっそりと……。何の前触れもなく電源が入らなくなってしまいました~cryingcryingcrying

2年間の送受信メール、7年分の電話帳、たまに行くならこんな店データベース、お宝写真の数々が手の届かないところに。データは壊れてないと思うので、電源さえ入ればサルベージできそうなのですがthink。カードの方にどれだけバックアップを取ってあるか、見ればいいんですけど現実を知るのが怖いshock

ユーザーとしてはお手上げなので、明けて朝イチで(といっても昼近かったな)ショップに馳せ参じましたところ。

修理はお見積もりだけで6300円になります
メーカーに修理に出しました時点で、内蔵データは全て消去されます

 

……はいー?(←杉下右京風に)

 

データが惜しいから悪あがきしてるんだよ!そんな修理意味ねーじゃんよ!

さらに、

「機種変更なさるより一旦解約されて新規契約のほうが安上がりかと」

な…、なんだとー!!!impactpunchimpact

ソフトバンクがしみったれた長期顧客を嫌い、あの手この手で割高サービスに乗り換えさせようとしているのは知っていましたが、いざ矢面に立つと非常に不愉快なものでございます。とまあそれはおいといて。

愛機V604T、そしてくーまん、さよならweep。別れはいつも突然訪れるものなんだね。

で、愛機からもらった自分の名前をどうしようか考えたのですが、いまさら変えるのも面倒なのでこのまま行くことに致しますー。

|

« 関西人のDNAには | トップページ | メモ(BlogPet) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

>>2009年11月13日(金)、604が臨終を迎えました。

一瞬、「蛍の墓」かと思いました(笑)。

「九月二一日、僕は死んだ」みたいなシュールな感じですねぇ(笑)。

こんなときは、サクマのドロップでも舐めながら「ねえ、V604T、なんですぐ死んでしまうん?」とか言って泣きましょう。

投稿: 黒猫亭 | 2009年11月15日 (日) 18時16分

をえ、シュールでしたか?coldsweats01

せっかくの土日だというのに、携帯選びや料金プランの損得勘定に頭を悩ませることとなりました。ええ面倒くさいgawk

3年も酷使に耐えていたので、まさかこんなアッサリとご臨終になるとは思わず……。「まだ大丈夫」は「そろそろヤバい」という家電の法則だったのでしょうか。
薄荷味ばかり残ったドロップを舐め舐め、間の悪さに泣くことにしますcrying

投稿: 604 | 2009年11月15日 (日) 22時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/234622/32215742

この記事へのトラックバック一覧です: 604が死んだ:

« 関西人のDNAには | トップページ | メモ(BlogPet) »