« Outlookウィンドウを開けません | トップページ | 助(BlogPet) »

「相棒」のゲストは侮り難い

外れがあまりないので期待値は常に高いドラマshineです。
一応録画しておりますが、時々実況に参加するといろいろな方のご意見ご感想がなかなか楽しく、それもあって可能なときはリアルタイムで視聴。

ロングシリーズでレギュラーも多く、その中での掛け合いが定番となって「いつもの空気」を醸成、そこに毎週ゲストが絡んで「その回のカラー」ができるのが面白いです。まあシリーズものは全部そうですやね。

先週放送の第14話は、ゲストに田中哲司・竹本孝之・石井萌々果というメンバー。

それぞれ、理想を掲げた官僚、死体で発見されるジャーナリスト、夜道で男に追いかけられる幼女、という役どころです。これだけでストーリー分かっちゃいそうな気もしますがcoldsweats01

当然のことながら初っ端から田中さんが怪しまれる中、話が進むにつれ萌々果ちゃんの魅力が大注目を浴び。

「声がやばい」
「魔性の幼女」
「動機はロリのもつれ」

など、実況は一時騒然となりました。

…というのは若干誇張しておりますけれども、男性陣の彼女への接し方を分析する方なんかもいて、大変盛り上ったことは確か。ふうむ、virgo幼女は男の試金石drama(何ソレ)なのですかねえ。

そんなお楽しみは余禄ですが、振り返るとなにげにバラエティに富んだゲストで飽きません(過去に出演したゲストはWikiに詳しいです)。

Season8(しかちゃんと観てないから)で印象深かったのはやはり草笛光子様でしょうかね。

妹の死に絡む人間を探し出し爆殺を企てる、ガーデニング愛好の上品なIT老女役でいらしたのですが、個人的には「熱中時代」の北野先生と校長先生の奥様がお揃いに…という部分が注目でした。
水谷豊の方は相応に年を取ったなあと思いましたが、草笛さんはほとんど変わってないんじゃね?(はちょっと言い過ぎかcoldsweats01

ストーリーの方も、老女との交流を通して神戸警部補の人柄をうかがわせる秀逸なエピソードとなっていて、今期お気に入りの回なのでした。

元日スペシャルの壇れいも、利休の茶碗と先端科学の交差するところにいる謎の女であり、一方で神戸警部補の元恋人であり、という盛りだくさんな役回りではありましたが、なかなか豪華なパズルのピースであったと思います。

事件解決後、彼女が黙って彼の元を去った事情(父親の不正を隠したまま、警察を志す恋人とお付き合いはできないという理由crying)を明かし、突然失われた恋をずっと心に閉じ込めていた二人が最後にお互いを気遣い別れる、そのシーンに流れた「亡き王女のためのパヴァーヌ」は、追憶の恋shineにぴったりな曲でしたweep
(だからこの二人がよりを戻すことは絶対ないのだな…)

どれも神戸回なのは、右京さんエピソードが出尽くしているからじゃないかな、うんsweat02
んで、前回の話が終わった時点で「老女・熟女・幼女に優しい神戸警部補」という評価が定着しつつあるようです。オールラウンダーだ、と。ってイタリア男か。

いろいろ調べていたらこんなものがhappy01

相棒のゲストに出てないのが不思議な役者

ピエール瀧とか升毅さんとか出てないようで、出演が待たれますheart04

ゲストの人選がイマイチ謎~gawkなところで、次週放送第15話のゲストに加藤虎ノ介・村田充sign01こりゃまたずいぶんとマニアックな……。っていうか、何でこの二人。まあ私は小劇場っぽい(?)人大好きなんでいいんですけどーhappy02

ほらちょっと見逃せない感じ。

|

« Outlookウィンドウを開けません | トップページ | 助(BlogPet) »

ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/234622/33275600

この記事へのトラックバック一覧です: 「相棒」のゲストは侮り難い:

« Outlookウィンドウを開けません | トップページ | 助(BlogPet) »