« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月の3件の記事

石川雅之先生がマエカワそっくりだった件

3/31付け日記で、お嬢様virgoと撮ったとされるheart01プリキュアのプリクラheart04をご披露なさっていたのですが。

検索で出てくる画像やらUst中継やらで見る限り、普通にイケメンshineだと思ってたけど、このプリクラで見る石川先生は何かマエカワだったのでした。

マエカワ?「カタリベ」か「人斬り龍馬(内「神の棲む山」)」でご確認ください(って、古本しかないじゃん。重版してよ…crying)。「カタリベ」は「もやしもん」とは趣を異にしており、石川史観がうかがえるお話なんで、大変興味があるんですが…。

もっともっとビッグになったら続き描いて下さるかなあ。

それにしても、先生もTwitterを始めてからずいぶんとブログ更新が減ったわ。「つぶやかないつもりです」と思ってたって、つぶやいちゃうのさ、ふへへへ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「Gantz Perfect Answer」 終わりなき悪夢の終わらせ方

あの日から何をやっても地震と原発が気になって、本を読んでもドラマを観ても気分が全く乗らなかったのですが…。ふと、2ヶ月くらい借りっぱなしだった「グラン・トリノ」を半ばノルマ的に観たら、2時間魂が別世界に飛びましたcryingcryingcrying。ありがとうクリントheart01

思えば多忙とかストレスとかで魂が麻痺するたび、映画に救われておりましたっけ(過去記事を見ると)。もともと常日頃から現実逃避したいタイプなので、ずっと現実にいると息が詰まっちゃうんですよねsweat01

「グラン・トリノ」で久々に声を上げて泣いた私、クリント・イーストウッドには心底惚れました。何というか、卑近な語り口で至高を表現(意味不明)、みたいな作風がいいです。今後はクリント買いでございます。いずれ時が来たら「ヒア・アフター」も観たい。

んで、映画館のポイントも貯まってたし、立て続けに「ガリバー旅行記」「孫文の義士団」「Gantz Perfect Answer」を観てきたというわけで。

続きを読む "「Gantz Perfect Answer」 終わりなき悪夢の終わらせ方"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あやかりたい

松重豊さんのブログが、ひとつのスタイルを確立したようで。

ちょっといい写真と、四行の軽快な文章、独特の味わい。

一生同じ歌を歌い続けるのは大事な事ですと仰ったのは故岸田衿子さん。

うん、松重さんはTwitterやらなくてもいいと思うな(実はアカウントあったりしてcoldsweats01)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »