« 20年ぶりに「ワイルド・ブリット」を観た | トップページ | 「冒険王」から「海洋天堂」に至るヒーローの系譜 »

見えないものが見える

なんていうとこんな時ですから、放射性物質の核種までも目で見ることのできる少年が大学に入学して活躍するマンガ(タイトルは『さらしもん』?)を想像してしまいますが(しないか)、そういう話ではありません。

字を間違えて記憶する悪い癖がどうにも直らず。
つい最近判明したのが、梅の生産農家のお名前間違い。王隠堂さんをなぜか何年ものあいだ玉隠堂さんだと思いこんでいた。すみません。

こんな画数の少ない漢字を間違えるなんて…我ながらショックshock

言い訳するなら、どちらも「高貴なものが秘匿されている」というイメージで、近いものはあると…点1コの違いですし。もしかしたら最初見た印刷物にヨゴレが付いていたのかも(違)。あとは勝手な先入観で、隠すなら玉だろうという(違)sweat02

いやあ、恥をかく前に気づいてよかったです。

というか、これただの錯視でしょうか?井が丼に見える錯視、ありますよね。錯視アプリにも出ていたぞcoldsweats01

とここでふと「丼の中の蛙」ってフレーズが浮かび、ちょっとイイじゃんgoodと思ったのですが、残念、もう使われていました。次のブログのタイトルか何かにしたかったんだけどな…weep

とまあ、それだけの話。

|

« 20年ぶりに「ワイルド・ブリット」を観た | トップページ | 「冒険王」から「海洋天堂」に至るヒーローの系譜 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/234622/40412677

この記事へのトラックバック一覧です: 見えないものが見える:

« 20年ぶりに「ワイルド・ブリット」を観た | トップページ | 「冒険王」から「海洋天堂」に至るヒーローの系譜 »